Home オーストラリア オーストラリアから日本へ帰国レポート|検査は必要?空港での対応など

オーストラリアから日本へ帰国レポート|検査は必要?空港での対応など

by Chisaki
 
 
新型コロナウイルスの影響で、空港やフライトとは疎遠になってしまいました…。
 
コロナ禍なのでもちろん国を超えた旅行はまだまだできません。
 
でも「今、空港や飛行機はどんなになってるの?」と気になりますよね。
 
今回は、先日1年半滞在したオーストラリアから日本に帰国したので、その時の様子をまとめました。
 
 
この記事は、12月4日に日本へ帰国した際の様子をまとめたものです。新型コロナウイルスによる、各国や空港の対応は日々変化していますので、参考までに読み進めていただければ幸いです。
 

シドニー国際空港にて

1.シドニー空港に到着

 

いつも通り出発時刻の3時間前に空港に到着。

空港のガラガラっぷりに驚きました。

 

2.チェックイン

 

チェックインカウンターには、すでに手続きをしている人たちが……。

待ち時間3分ほどで、すぐにチェックインができました。

オーストラリア国籍の彼は、「Travel Excemption(出国許可)」の提示を求められていましたが、私(日本国籍)はパスポートの提示だけでOKでした。

特にコロナだから変わった手続きはなく、スムーズにチェックインができて一安心。

 

 

3.空港の様子

 

いつもなら出国手続き前に、食事をしたりお店をぶらぶらしたりしますが、ほとんどのお店は閉まっていました。

ただ、ファストフードやカフェなど空いているお店はあるので、一応食事はできます!

 

 

本当にとにかく人がいません……。

それもそのはず、

 

 

私が出発した日の夜、飛んでいたのはたったの4便!

スカスカのスクリーンが寂しかったです…。

 

 

4.出国手続き・荷物検査

 

出国手続き・荷物検査ともに、これまでで一番スムーズでした。

コロナだから……ということも特になく、こちらもサクッと終了。

 

 

5.Duty Freeは営業中!

 

「Duty Freeもやってないんだろうな…」と思いましたが、意外にもしっかり営業中!

ガラガラなのにお店を開けてくれていることがありがたいですよね。

 

ちなみに観光客がいないからか、オーストラリアっぽいお土産がすべて50%オフでした。

 

 

「お土産ここで買うべきだった……」とちょっと後悔しました。

帰国際にちょこっとお土産を買いたいなという人は、空港でどうぞ。

 

 

機内にて

「シドニー→東京」のフライトは9時間ほど。

1年半ぶりのフライトだったので、ドキドキでした……。

 

1.コロナ対策

機内では、「飲食時以外はマスクを身に付けるように」とのこと。

オーストラリア市内ではマスクを着用している人をほとんど見かけませんでしたが、さすがに機内ではみんなマスクをしていました。

登場の際に、「検温などの対策があるのかな?」と思っていましたが、特にありませんでした。

 

 

2.機内の混雑状況

 

予想していたとおり、機内はガラガラ……。

座って寝ていたら、「前後の席が空いてるので、ひとりで2席使って寝ていいですよ〜◎」と声をかけてもらいました。

 

 

3.機内食

 

JALの機内食はやっぱりおいしい!

出発前に空港で夜ご飯を食べたのにもかかわらず、食べてしまいました。

 

アイスがあるなんて豪華!

 

乗客が少ないからか、食事はひとり分ずつキャビンアテンダントの人が持ってくれて驚きました。

 

 

4.コロナの「質問票」を記入

 

機内でコロナに関する質問票が配られます。

降りてからすぐに「書類審査」へ進むので、必ず機内で記入を済ませるようにとのことでした。

 

 

個人に関する基本的な情報と、体調に関するシンプルな質問票です。

到着後、どこで14日間の自己隔離をするかについても記入する必要があります。

 

 

羽田国際空港にて

1.案内があるまで機内で待機

着陸後、キャビンアテンダントの指示を待ちます。

「まず、日本が最終目的地の方のみ降りてください。」という指示があったので、私たちは飛行機を降りました。

日本を経由地としている人の方が圧倒的に多くてびっくりしました。

 

 

3.書類審査

 

飛行機を降りると、「書類審査」が待ち受けています。

機内で記入した「質問票」を提出して、記入内容を一緒に確認するというものでした。

 

 

オーストラリア以外の国の滞在歴がないことを伝えると、COVID-19 指定地域 滞在歴なし」という水色のカードをもらいました。

この水色のカードを持っていれば、コロナの検査を受けずに入国審査へと進むことができます。

 

 

オーストラリアはコロナ検査免除なので、検査を受けることなく、書類審査だけで入国することができました。

ちなみに、以下の国から日本へ入国する場合は、コロナの検査が必要だそうです。

 

引用:水際対策の抜本的強化に関するQ&A

 

無事に入国できた後は、スーツケースを受け取ります。

 

 

流れてくるスーツケースの数が少なかったので、すぐに自分のを見つけられました!

帰国時は公共交通機関を使ってはいけないので、私は親に迎えに来てもらいました。

 

現在はは2週間の隔離生活を送っています。

 

 

おわりに……

帰国前に、オーストラリア出国・日本入国に関する情報がなかなか手に入らず不安だったので、この記事が誰かのお役に立てれば幸いです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

 

\ 合わせて読みたい! /

オーストラリア生活終了!日本に帰国する理由や彼のビザについて

 

4 comments

ワトソン 2020/12/6 - 6:29 AM

こんにちは。
オーストラリアから日本へ検査不要になってからの流れを探してましたがなかなか見つからなかったので、こちらの記事とても参考になりました!
ちなみに、羽田空港到着から空港を出るまではどのくらい時間かかりましたか?

Reply
Chisaki 2020/12/6 - 3:24 PM

参考になって良かったです!
本当に驚くほどスムーズで、1時間もかからないくらいだったと思います😊

Reply
まりや 2020/12/6 - 12:37 AM

質問があります。トニーさんの出国許可の提示はEmailを提示しましたか?私の彼も今週木曜日に日本に来るのですが、今2人で不安になってきまして、、
お応え頂けたら助かります🙇‍♀️

Reply
Chisaki 2020/12/6 - 3:23 PM

彼は、Emailを印刷したものを提示していました!印刷しなくても多分大丈夫だとは思いますが、印刷しておけばより安心だと思います😊

Reply

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。