Home その他 購入代行・海外発送サービス「ゼンマーケット」とは?利用してみたレビュー

購入代行・海外発送サービス「ゼンマーケット」とは?利用してみたレビュー

by Chisaki

 

海外に住んでいると、「日本のアイテムがほしい!」ということがよくありますよね。

 

私は日本のコスメとお菓子が恋しいです。

 

今回は、そんな海外在住者向けの購入代行・海外発送サービス「ゼンマーケット」を紹介します。

 

  • 日本でほしいものがあるけど家族には頼みにくい
  • 海外では手に入らないアイテムをもっと手軽に購入したい

 

という人におすすめのサービス。

今回は、ゼンマーケットの購入代行を実際に利用した私が、メリットや使い方などを解説していきます◎

 

ゼンマーケットとは?

会社名

ゼンマーケット株式会社

公式HP zenmarket.jp

 

「ゼンマーケット」とは、購入代行・海外発送サービスのこと。

海外で入手困難な日本のアイテムを、海外にいながら手軽に手に入れることができるんです。

「日本にいる家族や友だちに頼めばいいのに…」と思う人もいるかもしれません。

 

でも実際に海外で生活をしていると……

 

た、頼みにくい!

 

そう、頼みにくいんです(笑)

国際送料は高いし、購入・梱包・発送手続きをすべてやってもらうのは、ちょっと気が引けるんですよね。

「でも、どうしてもほしい日本のアイテムがある…」

ZEN MARKETは、そんなときに利用したい便利なサービスです◎

 

 

ゼンマーケットの5つの特徴

 

「ゼンマーケット」についてもっと知りたいという方のために、5つの特徴を紹介していきますね。

日本のアイテムがほしい海外在住者にとって、かなり魅力的ですので、ぜひ目を通してみてくださいね。

 

 

1.手数料が安い(1点につき300円)

「購入代行サービス」と聞くと、手数料が高いイメージがありますが、ゼンマーケットなら手数料は商品1点につき300円

これなら手軽に利用できそうだと感じました。

 

商品数 手数料
1点 300円
5点 1,500円
10点 3,000円
15点 4,500円

 

もちろん別途で「国際送料」はかかりますが、手数料が安いのはやっぱり嬉しいですよね。

 

 

2.日本の通販サイトなら何でも購入可

 

海外で生活していると、日本の「Amazon」や「Zozotown」で買いものがしたくなります。

でも、多くの日本の通販サイトは、海外発送に対応していないので諦めることがほとんど。

そんなとき、ゼンマーケットを利用すれば、日本の好きな通販サイトから好きなものを購入することができます。

 

 

3.手続きはほとんどお任せ

「日本から海外へ商品を取り寄せ」と聞くと、なんだか大変そうに感じるかも知れません。

でも、ゼンマーケットならめんどうな手続きのほとんどを代わりにやってくれるんです。

注文から受け取りまで、私がやった手続きといえば、

  1. 届け先の住所を入力
  2. 配送方法を選ぶ

……これくらいでしょうか。

商品1点につき300円で、「梱包」から「発送」まで全部やってくれるので、忙しい人でも利用がしやすいサービスだなと感じました。

 

 

4.決済方法・配送方法が豊富

ゼンマーケットは、購入にあたって選べる決済方法と配送方法のオプションが豊富です。

料金の支払いは、クレジットカードはもちろん、PayPalや国際送金も可能です。

海外在住者にとって日本への支払いはややこしいところなので、さまざまな決済方法から選べるのは嬉しいですよね。

 

発送方法

※2020年10月現在、新型コロナウイルスの影響により利用不可となっている発送方法もあるのでご注意ください!

 

わたしは「DHL」を利用しましたが、コスメや食品は発送できないといった規制があったので、注文する商品に合わせて発送方法を自由に選べるのは嬉しいですよね。

自分の住んでいる国に合わせて、最適な発送方法を選びましょう。

 

 

5.複数サイトの商品をまとめて梱包

複数の通販サイトで購入しても、ゼンマーケットがまとめて梱包・発送してくれます◎

いろんなサイトから購入したからといって、「箱の数が増えて国際送料が…」という心配もいりません。

 

 

注文から受け取りまでの流れ

続いて、実際にゼンマーケットで登録から受け取りまでの流れを紹介します。

 

1.無料会員登録

まずは、こちらより無料会員登録をします。

 

登録すると、注文時に使える「300円」がもらえます◎

 

 

2.商品をカートに追加

 

ほしい商品を見つけたら、「カートに追加する」をタップ。

すると、ゼンマーケットが在庫を確認してくれます。

 

わたしが購入しようとしたアイテムは品切れだったとのこと。丁寧にメッセージで教えてもらえました。

 

お金を払ってから「在庫切れだった!」といったトラブルとも無縁です◎

 

 

3.代金の支払い

 

注文する商品が決まったら、

  • 商品代金
  • 手数料
  • 送料(日本国内)

送料は、お店からゼンマーケットへの倉庫までの送料のことです。

Amazon Primeなど、送料が無料の場合は、もちろん支払いは必要ありません◎

 

必要な金額をチャージして支払います!

 

個別で会計をするのではなく、必要な金額を事前にチャージ→支払いという流れです。

 

 

4.商品がZenMarketに到着

マイアカウントで注文した商品のステータスを確認することができます。

「購入中」→「倉庫で保管中」→「梱包待ち」→「梱包完了 送料の支払い待ち」という流れで、細かにアップデートされるので、すごく快適でした◎

 

心配性の私でも不安に感じる要素がありませんでした!

 

 

5.発送方法を選ぶ

注文した商品のステータスが「梱包完了 送料の支払い待ち」になったら、配送の手続きを行います。

手続きといっても、住所の入力と配送方法だけなのでかんたんです。

 

配送方法(お届け日数の目安)が表示されるので、好きな方法を選んでくださいね。

 

 

私はDHLを選びました!

 

 

6.国際配送料の支払い

 

発送方法を選んだら、送料を支払いましょう。

国をまたいでやってくるので、やっぱり国際送料は高いですね……。

でも、これは家族に頼んでも同じ料金。

購入代行でも、国際送料が同じ料金なのは嬉しいポイントです◎

商品代金を支払ったときと同様に、必要な金額をチャージしましょう。

 

 

7.荷物の受け取り

DHLで商品が到着!

発送日 2020年10月9日
↓ ↓ ↓
受け取り日 2020年10月12日

 

 

DHLの配達員がピンポンしてくれて、届きましたー!

「ZENMARKET」のシールが貼ってあったので、すぐに何の荷物か分かりました。

 

丁寧に梱包された荷物

 

とても丁寧に梱包されていました◎

 

 

わたしが今回頼んだのはこちらの2点。

 

  • Coachのコスメポーチ
  • iPadのキーボード付きカバー

 

どちらもオーストラリアでは私のほしかったものが手に入らず……。

「日本に帰ったら買おう!」と決めていたので、だいぶ早く手に入ってかなり大満足です。

 

 

 

ゼンマーケットは海外在住者におすすめ!

 

今回は、ゼンマーケットを実際に利用した私が、サービスの特徴と実際の注文〜受け取りの流れを紹介しました。

海外に住んでいると日本のアイテムが手に入らなくて悩みがちなので、率直にとても便利なサービスだと感じています。

 

  • 日本でほしいものがあるけど帰国予定がない
  • 家族や友人には頼みにくい……

そんな時はぜひ「ゼンマーケット」を利用してみてくださいね!

 

 

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。