Home オーストラリア オーストラリアと日本のスターバックスの違い

オーストラリアと日本のスターバックスの違い

by Chisaki

 

世界中で大人気なスターバックス。

海外旅行先で入るスタバには日本のスタバと違うところがあって、ウキウキしたりしますよね。

 

え、オーストラリアのスタバって…!

 

そこで、わたしがシドニーに滞在して気づいたオーストラリアと日本のスタバの違いをまとめてみました。

①メニューが違う

 

オーストラリアのスタバのメニューがこちら!

 

オーストラリアのスタバのメニュー

 

メニューをもっとじっくり見たい!という人は「メニューを見る

日本では限定の「ストロベリークリームフラペチーノが限定じゃない!」と気づけたあなたはきっとスタバ通。

私はいつもキャラメルマキアートかアイスラテを頼むので、なにも変わらないんですけどね(笑)

 

 

②お得に飲めるハッピーアワーがある

スターバックスのハッピーアワー

 

「ハッピーアワー」なんて居酒屋のようですが、オーストラリアのスタバでは不定期にハッピーアワーを見かけます。

内容は「夕方5時〜6時の間、フラペチーノ全品半額」というもの。

みんな大好き「抹茶フラペチーノ」のトールサイズの定価が7ドル(525円)なので、ハッピーアワーだと3.5ドル(263円)!

 

インスタストーリーより

でぶすぎるからせめてトールサイズを買おうと思っていたのに、「全サイズ半額だから大きいサイズを買ったら?」とお姉さんに言われ、

「WHY NOT?」とか言っちゃう自分(泣)

ハッピーアワー開催中、ダイエット中の人はスタバ立ち入り禁止です

 


だめ、絶対!

 

 

③チョコチップスコーンがない

 

スタバのチョコチップスコーンが大好き!という人には悲報です。

 

オーストラリアのスタバで「なにを食べようかな?」と見てみると…

 

 

チョコチップスコーン、シナモンロールがない!

 

オーストラリアのスタバ

 

日本でよくチョコチップスコーンを彼とシェアして食べてたんですけど、オーストラリアのスタバでは見かけません(泣)

 

 

④客が他の店の商品を飲み食いしている

 

スタバはフードコートではないので、外から持ち込んだ食べ物をスタバ店内で食べるのって日本人からするとマナー違反(ルール違反?)な気がします。

でもオーストラリアのスタバではみんな好き放題。

わたしはアジア特有の香辛料の匂いが苦手なんですが、隣に座っていた人が家から持参した弁当からアジア〜な香りがした時は「日本のスタバって神!」って思ってしまいました。

 

 

⑤タンブラー持参の値引き額

 

タンブラーや水筒を持参してコーヒーを買うと、ちょっとした値引きが。

値引きは日本にもオーストラリアにもありますが、値引き額が少しオーストラリアの方がでかいです。

 

  値引き額
日本 20円
オーストラリア

50¢(約38円)

 

もう本当に気持ちの問題レベルですが、ディスカウントはちょってでも大きい方がいいに決まってます(笑)

 

 

⑥オーストラリア限定のオリジナルグッズが手に入る

 

スタバに行くといつも眺めてしまう、期間限定デザインのタンブラーやマグなどのオリジナルグッズ。

実際にオーストラリアのスタバに足を運んでみると、日本では見たことないようなグッズがたくさん売ってます。

 

オーストラリアのスタバで帰るタンブラー

 

オーストラリアの地名の入ったものから、季節限定のものまでデザインが豊富。

 

オーストラリアのスタバで買えるタンブラー

 


オーストラリアのお土産によさそう◎

 

オーストラリアでしか手に入らないデザインが多いので、おみやげに持ってこいだと思います!

 

 

⑦Wifiログインにパスワードが必要

 

スタバといえばフリーwifiがありがたいですよね。

日本でもオーストラリアでもスタバに行けばフリーwifiが使えますが、オーストラリアではログインにパスワードが必要です。

 

wifiログインにはパスワードが必要

 

と言っても、上の写真のように店内のどこかにパスワードが書いてあるのでそれを打ち込むだけなのでご安心を。

 


パスワードは毎日変わるみたいなので、チェックをわ忘れずに

 

 

おわりに…

シドニーのスタバ

 

スタバが大好きなわたしが、オーストラリアと日本のスタバの違いを紹介してみました。

どこの国でもスタバは落ち着ける雰囲気があって、つい店員さん覚えちゃうくらい通っちゃいます(笑)

オーストラリアを訪れた際には、ぜひオーストラリア限定のグッズを買うなり、限定のドリンクを飲むなりスタバで一息ついてみてくださいね◎

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。