Home 国際恋愛 【国際恋愛】外国人彼とのデートはおごり?割り勘?|奢ってもらう時のベストな対応

【国際恋愛】外国人彼とのデートはおごり?割り勘?|奢ってもらう時のベストな対応

by Chisaki

 

先日、インスタのフォロワーさんからこんな質問を頂きました。

日本では奢ってもらう文化はあるけど、海外ではないと聞きました。今度フランス人とデートに行くのですが、おごってもらった時にお金を払ったほうがいいのか悩んでます💭

 

気になる外国人彼とのデートで「奢ってもらうのはありなのか?」問題を私の実体験をもとに考えてみます。

海外の男女の「割り勘」「おごり」事情

 

まず外国の男女間でおごり文化はあるのか?という質問ですが、正直のところ人によります。

男性に奢ってもらうなんて嫌だしフェアな立場にいたいから絶対に割り勘という女性もいれば、奢られそうになったら「ありがとう」といって気持ちよく奢られる女性もいます。

 

まとめると海外の奢り・奢られ事情はカップルによりけりで、それこそ年齢・立場・食事の目的やムードによっても変わってくるので、おごり文化の有無は国によってどうこうというものではありません。

 

 

奢ってもらう時のベストな対応

嬉しそうにスプーンを持つ女性

 

割り勘か奢られるのかに、“正解”はないので、自分がしたいようにすればいいと思います。

でもやっぱり外国人男性との食事の会計時のスマートな対応が気になるという気持ちがあると思うので、私とギリシャ人の彼の考える「ベストな奢られ方」を紹介します。

 

彼と一緒にテラスハウスを見ていた時に、男子が女子を食事に誘うシーンでこんなやりとりがありました。

 

男:「ここは俺に払わせて!」

女:「いやいやいや、それは申し訳ない…」

男:「いや、俺が誘ったし、ここは払わせて」

女:「いや、でもせめて私の分は払わせて〜」

 

「よくあるやつね」と見ていると、彼はこんな反応を示しました。

 

 

ほら、男の子が奢ってあげたいって思ってるのにこんなに断るのは場を気まずくさせちゃうよね。そこは「奢ってあげたい」っていう男子の気持ちに素直に乗っかって欲しいかも。

.png

ほほ、これが男心というものか…(驚)

 

彼曰く、男性が「ここは俺に払わせて」と言ったら「いや、私も払うよ」というやりとりは1ラリーくらいにとどめて、気持ちよく払わせてくれたら嬉しいとのこと。

 

「申し訳ない…」という気持ちを抑えて、相手の気持ちを素直に「ありがとう」と受け止めるのも時には大切なのかもしれません。

でも「奢られて当然!」という態度をとったり、感謝の意を一切見せないのはNGなのでそこだけは気をつけるようにしましょう。

 

 

私たちカップルの場合

 

ここでちょっと私と彼が初デートに行った時の、お金事情はどうだったのか思い返してみたいと思います。

 

彼との初デート(付き合う前のお互いに好きかも…っていう段階のやつ)で、彼は「ここは僕に払わせて。だってデートでしょ」と言ってスタバでコーヒーを買ってくれました。

 

.png

「デートでしょ」と少し照れながら言ってコーヒーを買ってくれる彼の姿にキュンとしました♥

 

ただただ「いや、私が払うよ」なんて言ってる余裕がなかっただけですが、素直にコーヒーをご馳走になりました。

その後もデートを重ねる度に彼は「僕が払に払わせて」と言って払ってくれた彼。

私は水族館のチケットを内緒で事前に買ったり、お菓子を買ったり、そんな形でお返しをするようにしていました。

 

.png

いつも食事代を必ず払ってくれる相手なら、手作りの料理をご馳走したり、サプライズプレゼントを用意したり、何か他の方法でお返しするのがいいと私は思います!

 

 

おわりに…

 

「外国人とのデートで奢ってもらって大丈夫?」という質問に答えました。

私とギリシャ人の彼的には「いや、悪いから私が払うよ!」のラリーは一度だけにとどめるのが良いという結論に至りましたが、最終的には「ありがとう」と奢って貰うも良し、どうしても割り勘じゃないと嫌なら割り勘も良し。正解はないです

 

 

当ブログのオススメ

 


私が推奨するマッチングアプリの紹介

 

国際恋愛をしてみたい!でも外国人との出会いなんてどこにあるの?という人にオススメ。

外国人の登録者数が一番多いと言われているマッチングアプリ Pairs です。

 

\女性なら無料で今すぐ登録!/

Pairsで外国人との出会いを探す

 

 

実際に国際恋愛してる日本人の多くがネットで出会いを見つけてます。

 

\無料で登録して出会いを探す!/

Pairsで外国人との出会いを探す

 

 

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。