Home オーストラリア オーストラリアでタイガー日本製炊飯器を購入|ご飯炊いてみたレポ

オーストラリアでタイガー日本製炊飯器を購入|ご飯炊いてみたレポ

by Chisaki

 

海外で生活を始めると思うこと。それは…

「美味しいご飯(米)が食べたい!!」

 

一時ステイ先にKmartで売ってる$15くらいの炊飯器はあったものの、やっぱり高性能の炊飯器でしっかりと白米を炊きたいということで炊飯器を購入しました。

 

\私が購入した炊飯器はこちら/

オーストラリアで購入したTigerの炊飯器

タイガー JAX-S10A WZ 240V 日本製

 

.png

お値段は$279でした。

 

この炊飯器で2万円ちょいしたことになります。($1=76円で換算)

 

私はこの炊飯器を「Bing Lee」という電化製品屋さんで購入。

他にも結構種類があり、Panasonicの$179のと更に高性能なTigerの$499のとすごく迷った結果、間をとって$279のこの炊飯器の購入に至りました。

 

日本から炊飯器を持っていけば良いんじゃないの?とも思うかもですが、コンセントの形や電圧が違って不安・面倒なので現地で私は購入しました。

 

 

そしてせっかくなので日本米も購入。

 

.png

日本米はアジアンスーパーで売ってますがかなり割高。それでもどうしても日本の白米が食べたかったので外食を我慢することを約束して購入しました。

 

\あきたこまち!/

オーストラリアで入手した日本の米

 

5Kgでなんと$39…。

 

スーパーでオーストラリアの米(Medium Grain)なら5kgを$16で購入できるので日本米はこっちでは文句なしの贅沢品ですね。

 

オーストラリアのスーパーで売ってる米

 

※この写真を撮った日はセールで半額になっていたので、さらに安い驚愕の$8でした(笑)

 

「このミディアムグレイんでも十分に美味しい♥!」という声をよく聞くので、試してみる価値はありと思います。

 

それで本題に戻って、お米を炊いてみた様子を紹介していきます。

 

炊飯器についてきた米1合カップ

 

炊き方はまさに日本の炊飯器そのもの。

ちゃんと1合用のカップも付いていたので簡単に量を調節して炊くことができました。

 


1合カップってないと結構面倒なので助かりました 。

 

オーストラリアで米を炊く様子

 

この炊飯器は何分で炊けるのかが残り10分になるまで表示されないのだけ少し不便ですが、それ以外は最高です!

10分くらいで米が炊けてしまう(なので米の芯が硬くなりがち…)海外の安い炊飯器とはやっぱり違って、炊けるのに40分くらいかかりました。

 

仕上がりはまさに私が求めていた日本米

この日は唐揚げと豚汁と頂きました。

 

 

久々に食べる日本の白米は叫びたくなるほど美味しかったです。

 


日本のご飯って最高!!

 

オーストラリアで日本で炊くお米と全く同じ米が食べれるなんて!とすごく感動でした。

高い買い物でしがた、(ほぼ)毎日使う炊飯器にお金をかけるのは絶対に良い選択だったな〜と満足しています。

 

以上、オーストラリアで私たちカップルが購入した炊飯器でご飯を炊いてみたレポートでした。

 

こちらもおすすめ

シドニーに丸亀製麺があるって知ってた?

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。