Home その他歯科矯正 歯科矯正後に付けるリテーナーとは?気になるアレコレを体験者が一挙解説

歯科矯正後に付けるリテーナーとは?気になるアレコレを体験者が一挙解説

by Chisaki

歯科矯正が終わったら自由!ではなく…実は「リテーナー」なるものを装着しなければなりません。

食事と歯磨き時以外は常に着用しなきゃいけないので「リテーナーって何なの?」「リテーナー辛すぎ!」という思いでこの記事にたどり着いた方も多いはず。

 

.png

リテーナー初心者の方もこれを読めば大丈夫!

 

実際に歯科矯正を終えてリテーナーを付けている私が、リテーナーに関する気になるあれこれを解説していきます。

リテーナーって何?

まず歯科矯正と言えば下の写真のようなブラケット装置をイメージすると思います。

歯科矯正の装置の模型

 

でもこの記事で解説している「リテーナー」とは、このブラケット装置が外れた後歯の後戻りを防ぐために付ける取り外し可能な装置です。

私のリテーナーはこんな

歯科矯正のリテーナーの写真

 

.png

矯正が終わったら自由!かと思ってたけどリテーナーが必要なんだね。

 

歯科矯正自体を終えてもメインテナンスはまだまだ欠かせないのです。

こちらもおすすめ

お金いくらかかるの?もっと歯科矯正について知りたい方はこちら!

 

 

リテーナーさぼると後戻りする?

私は歯医者から「矯正が終わって2年くらいは食事と歯磨き時以外は使ってね」と言われてます。

 


ちょっとくらいサボっても良いんじゃない?

 

あまり専門的なことは語れませんが、矯正が終わった後にきちんとリテーナーを装着することはやっぱりとても重要です。

過去に歯科矯正をしたという知人からリテーナーをさぼったら歯並びが元に戻ってしまった!という失敗談を聞いてリテーナーの威力を身にしみて感じました。

 

.png

せっかく手に入れた歯並びを失うのだけは嫌だ。

 

いくら綺麗な歯並びを手に入れてもリテーナーをさぼってしまうと、いとも簡単に歯が元の位置に戻ってしまうようです。

治療を初めからやり直し!なんてことも…

 

高額な治療費と数年もの月日をかけて手に入れた綺麗な歯並びを水の泡にしないように、やはりリテーナーはさぼらずに着用するのが良いでしょう。

 

こちらもおすすめ

歯科矯正で綺麗な歯並びを手に入れて気づいたメリットとは?

 

 

リテーナーはブラケットよりも辛い?

顔を手で覆っている女性

 

ブラケットが取れ、リテーナーを装着した私は「まさか…これリテーナーの方がしんどいんじゃない?」と認めたくない現実に気づいてしまいました。

 

.png

リテーナーはブラケット装置よりも辛い説。

 

まだリテーナーを始めて数ヶ月ですが、今のところ圧倒的にリテーナーの方がブラケットより辛い!(見た目以外のすべての面において笑)

 

リテーナーが辛いと感じる要素は大きくまとめて3つあります。

 

❶ 滑舌が悪くなって喋りにくい

リテーナーは歯の後ろ側を支えるプラスチックの部分が大きいので上顎がふさがってとにかく喋りにくいです。

喋りにくいというか、慣れるまでは滑舌が異様に悪い人になります。

 

.png

初めて付けた瞬間は人前では喋れたもんじゃないと思った(笑)

 

でも「これじゃ喋れなくて仕事も日常生活もままならないのでは?」と思っているリテーナー初心者の方はご安心ください。

数ヶ月経った今では人前でも支障なく喋れるようになりました。(やっぱり多少の違和感はありますが…)

 

最初の数日間は喋りにくさが鬼レベルで周りの人から「あれこの人こんな滑舌悪かったけ?」という顔をされますが、我慢して喋り続ければ舌がリテーナーに慣れるのでなんとか喋れるようになります。

これが適応能力か!と感じることでしょう。

 

 

❷ 間食が出来ない

コーヒーとパンを持って地面に座る女性

 

これは私的にリテーナーが辛いと感じる1番のポイント!

普通に生活をしていると気にもしないですが、普段の生活でなんとなくやっていた間食やながら食べ・飲みが出来なくなるので辛いです。

 

.png

リテーナーを装着中は水しか飲んじゃダメなのです。

 

リテーナー装着中は水以外の飲食NG。

それに飲食をした後は必ず歯磨きをしてからリテーナー装置を付けなければならないので、私が大好きだった以下の行為ができなくなってしまいました。

 

  • カフェでコーヒーを飲みながらパソコン作業
  • 映画を見ながらポップコーンとコーラ
  • コンビニでホットスナックを買って食べる
  • 友達とレストランに長居してドリンクバー

 

2年くらい経てば寝る時だけの着用でOKになるらしいですが、それまでは間食が簡単にはできいということでとにかく辛いです。

 

 

❸ 手入れが面倒

1日のうち長い時間口の中に入れておくものなので、毎晩の消毒が欠かせません。

 

.png

消毒しないとヌメヌメして気持ち悪いことに…

 

リテーナーを外してコップにぬるま湯と上のリテーナ専用の洗浄タブレットを入れて10分ほど置いて、ブラシで軽く洗うという作業を毎晩しなければなりません。

私が愛用中のリテーナ洗浄はこれ

10分放置するだけでリフレッシュされるので手放せません!

created by Rinker
ポリデント
¥663 (2020/04/09 06:47:00時点 Amazon調べ-詳細)

 

たったそれだけのお手入れではありますが、毎晩のコンタクトの洗浄が面倒だから眼鏡で生活をしているほどのズボラな私には正直めんどくさくて仕方がないです(笑)

 

.png

まあやるしかない…

 

 

リテーナーの見た目は?

せっかく矯正装置が外れたのにリテーナーを付けなきゃいけないなんて…いつになったら綺麗な歯並びをおひろめできるの?って思いますよね。

リテーナーと言っても何種類かあって、見た目が全然気にならないタイプもあります。

私は上の歯に付けるものは透明のプラスチックで出来たリテーナーを作ってもらいました。

歯科矯正用のリテーナー

上の歯用のリテーナーの方が断然大きいですね。

 

参考までに下の写真は透明タイプのリテーナーを着用して撮ったものです。

写真で見るとほとんど見えないですよね。

下の歯はあまり見えないので、銀色の少し目立つタイプのリテーナーを着用しています。

こんな感じ!

わざと下のリテーナーを見せるように笑ったので見た目が若干グロいですが、普段お喋りしたり・笑ったりする分には下唇で隠れて見えないので問題ありません。

参考までにリテーナーをし始めてから「リテーナーしてるの?」「矯正してるんだね!」と声をかけられたことは1度もないです。

とにかく目立たないし、注意して見ないとリテーナをしてることすら分からないでしょう。

 

.png

リテーナーの見た目が気になる方にはクリアタイプがおすすめ。

 

数年間毎日付けるものなので、「メタルの見た目が嫌だから付けたくない…」とならない為にも多少の追加料金を払って目立たない透明タイプを選ぶのもアリだと私は思います。

 

 

持っておきたいリテーナー用グッズ

リテーナー生活を送る上であると便利なグッズを紹介します。

❶ リテーナー収納ケース

created by Rinker
ROSENICE
¥810 (2020/04/09 06:47:00時点 Amazon調べ-詳細)

食事や歯磨きの時にリテーナーを外してそこらへんに放置してると、リテーナーはそれほど頑丈じゃないので壊してしまうかもしれません。

 

.png

リテーナーをもう1度作ってもらうのにはすごくお金がかかる!

 

リテーナーを紛失・破壊してしまうと再度作ってもらうのに時間もお金もかかるので、リテーナーを外した時に専用のケースに入れておくことをおすすめします。

 

❷ リテーナー洗浄剤

created by Rinker
ポリデント
¥663 (2020/04/09 06:47:00時点 Amazon調べ-詳細)

リテーナーの嫌なニオイとヌメリを簡単に落としてくれる矯正リテーナー専用の洗浄タブレットです。

ぬるま湯に10分ほどつけるだけでリテーナーを綺麗さっぱりにしてくれます!

 

.png

私も愛用中!

 

 

おわりに…

歯科矯正のリテーナーに関する気になるアレコレを私の実体験を元に語ってみました。

この記事を書きながらもリテーナーの違和感をバリバリに感じてますが、綺麗な歯並びを保つためにちゃんとリテーナーを装着していこうと思います。

 

合わせて読みたい

2年間の歯科矯正の全てを語りましたので是非!

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。