Home 国際恋愛 国際恋愛の経験者だけが知る国際恋愛あるある【ディープ編】

国際恋愛の経験者だけが知る国際恋愛あるある【ディープ編】

by Chisaki

国際恋愛_Fotor.jpg

 

国際恋愛のリアルが詰まった国際恋愛あるある

外国人パートーナーと付き合っていく中で、過去に自分で書いたあるある記事を上回る新ネタが誕生し蓄積されました。

 

更にパワーアップした国際恋愛あるあるをお楽しみください。

 

.png

国際恋愛経験者は誰しも身に覚えのあるはず!

 

①名前で呼ばれるとドキッとしてしまう

顔を隠して照れる女性

 

国際カップルは思ったよりもお互いを名前で呼び合わないので、パートナーに実名で呼ばれると、変にドキッとしてしまいます。

 
なんで名前で呼び合わないの?

 

それはズバリ英語にはカップルの間で使われるスウィートな呼び名がたくさんあって、名前よりもそっちをつい好んで使ってしまうからです。

 

\私たちがよく使う呼び方/

  • baby
  • my love
  • beautiful
  • princess

 

そんなこんなで名前で呼んでもらえることは激レア化。

今でもふとした瞬間に名前で呼ばれると、まるで片思いの相手に下の名前を初めて呼び捨てで読んでもらえた時のようにドキッとしてしまいます(笑)

 

\合わせて読みたい/

Culture Talk Blog
Culture Talk Blog
国際恋愛中の日本人が、国際恋愛・文化の違い・海外の反応について語ります♡

 

②日本人カップルの恋話に参戦できなくなる

ひとり悲しく部屋に佇む女性

友達と恋話をしていた際に私はふとこう感じたことがあります。

 

.png

悩みの種が違うから共感できないな〜

 

本当に悪気は無いのですが、直感的に感じてしまったことなのでお許しください。

 

恋話中に友人が恋人に対して放つ数々の愚痴。

皆が口を揃えて「それ分かる〜」と共感する中、私にはまったく響かないなんて事が日常茶飯事です。

 

 

たとえば、国際恋愛を多くの人が経験するのが遠距離恋愛ですよね。

好きな人と一緒の国に居ることすら困難だというシチュエーションが珍しくありません。

そんな時に「彼氏ともう1週間も会えてないんだよね〜」という愚痴を聞いたらどう思うでしょう?

 

悩みの種や恋愛の感覚(会う頻度や愛情表現など)にズレが生じる為に、日本人の恋人を持つ友達との恋話に参戦するのが難しいなと感じることがあります。
 

 

③彼と出かける時よりも友達と出かける時の方がお洒落しがち

element5-digital-611469-unsplash_Fotor.jpg

 

スッピンでだる着の自分をさらけ出しても尚、「you’re beautiful」とべた褒めしてくれるパートナーを持つと起こる心理現象こそがこの③。

 

彼と家で会うなんていう日には、ほぼスッピンに近いメイクとリラックスできる服でいっか〜と見た目をあまり気にしなくなります。

 

.png

ありのままの姿をいつも褒めてくれるし大丈夫!大丈夫!

 

それなので女友達との女子会の方が変にメイクを頑張ったり新しい服を着てオシャレしちゃったり…

 

適当な姿で出かけて、「なんでこの子にあんな素敵な彼がいるの!?」なんて思われたくないというのが本音です(笑)

 

彼からの評価はもう既にお墨付きなので(感謝)、他人からの些細な評価を変に気にしてしまうんですよね。

 

 

④パートナーの母国に過剰反応を示してしまう

世界各国の国旗

私は彼の母国の名前を聞くたびに、訳もなくつい過剰反応してしまいます。

 

youngman_32

このギリシャの哲学者がさ〜

.png

ん?!今ギリシャって言った?

 
 

youngman_32

新発売のギリシャヨーグルト食べた?

.png

ギリシャ!?!?

 
それなので私は「ギリシャ」という単語にとても敏感です。

 

恋人の出身国の名前を耳にして、ひとり勝手に興奮してしまうことありませんか?

 

世界ランキングなどが発表されると、無意識のうち一目散に日本と彼の出身国を探してないですか?

 

きっと私だけじゃないはずです(笑)

 

 

⑤周りから発言がストレートで怖いと言われる

顔に手を当てて落ち込む女性

私はよく人から「なんか発言がこわい」と言われます。
 

.png

ただ自分が思っていることを言っているだけなのに〜

 

国際恋愛では、相手はエスパーじゃないから言いたいことは遠慮なく言う。

そんな明確なコミュニケーションが文化・言語の違いによる誤解を防ぐ為に欠かせません。

 

外国人のパートナーに曖昧な返答をする

「Huh!? 何言ってるの?何が言いたいか分からない。」と言われ撃沈

物事をオブラートに包まずに伝えるよう心がける

 

こんな過程を経て、私は自分の意見や思っていることを率直にズバッと言えるように進化した訳ですね(笑)

 

彼とのコミュニケーションをより円滑に取れるようになり大満足ではありますが、他の人と話す時もつい率直な意見を包み隠さずに言ってしまうのです。

 

その結果、遠回しで曖昧な表現を好む人には「なんだか口調が強い/自分の意見をはっきり言ってきて怖いわ。」と思われてしまうようです(汗)

 

 

おわりに…

私がギリシャ人の彼と付き合っていく中でヒシヒシと感じていたあるあるをまとめてみました。

 

国際恋愛あるある第1弾第2弾はそれぞれクリックして読んで頂けます。

 

.png

この共感を是非ともSNSでシェアしよう!♡

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。