Home 就活 就活しないと両親に伝えた時の話。親の反応はどうだった?

就活しないと両親に伝えた時の話。親の反応はどうだった?

by Chisaki

就活_Fotor.jpg

「就活したくない〜」と口を揃えて言っていた知人達が就活をスタートさせる最中、私はひとり就活をしないという道を選びました。

 

就活をしない生き方を選択する事で結構ネックなのが両親への報告と反応です。

 

ojisan2_think_Fotor.jpg

就活しないなんてけしからん!!

 

「就活をしないなんてただの甘えだ。」という考えがまだまだ根強い社会の中、就活をしないと両親に報告するなんて考えただけでお腹が痛くなってきますよね。

 

私自身が就活をしないと伝えた時の両親の反応を一から十まで本記事でまとめてみました。

 

\就活をしない道の全貌はこちら/

私はなぜ就活をしない道を選んだのか

 

①大学を辞めたかった過去の話

緊張している女性

実は大学2年の時、両親に大学を辞めたいと打ち明けた事があります。

それは先輩が大学で学んだことと全く関係のない業種に就職していく姿を見ていて、大学の存在意義が分からなくなったというのが主な理由でした。

大学を辞めることに関しては猛反対され…(結構な修羅場でした)

 

最終的に「大学卒業したら何でも好きなことをして良いから、とりあえず大学だけは卒業して欲しい。」と言われました。

 

今思うと、私が大学を辞めないようにする為にとりあえず放った言葉だったと思うのですが、私がこんなに美味しい話を忘れる訳がありません(笑)

 

アイコン用小kotti_Fotor.jpg

大学卒業したら好きなことしていいよって言ってくれたから、ブロガーになろうと思う!

 

過去の大学を辞めたい発言が引き起こした修羅場を既に経験していたからこそ、両親に「就職しない事にしたよ〜」と伝えるハードルは他の家庭に比べると低かったと思います。

 

 

②いざ両親に報告!

胸に手を当てる女性

特に理由もなく呆然と就活したくないと伝えるのと、誠意を持って○○がしたいから就活をしない道を歩みたいと伝えるのでは月とスッポンくらいの差があるので…

両親に就活しないという意を伝えたのは、ブロガーになるという将来の夢が芽生えてからの事でした。

 

アイコン用小kotti_Fotor.jpg

就活しないで、ライターを自分でやっていこうと思う。

 
※ブロガーと言うと意味を履き違えられそう?と思ったので、あえて「ライター」と言いましたね(笑)

 

就活しないと伝えたからといって、怒鳴られたり、すぐに反論されることは幸いにもありませんでした。

かといって嬉しそうでもなく…

きっとこれで大丈夫なのだろうかと心配してくれていたのだと思います。

 

やっぱり両親は、私に就活をして大企業の正社員にでもなって欲しかったのでしょう。

 

「とりあえず最初は就職した方が良いんじゃない?」
「好きな事をやるにも正社員の経験が無いとね…」
「新卒で会社に入った方が給料が…」

 

親は私の好きな事をやりたいという気持ちを完全否定することは無かったのですが(感謝)、最初は就職して社会人になったら?とよく言われていました。

 

 

③応援してくれるようになった両親

デスクで拳を重ねて意気込みをする人たち

最初はとりあえず就職したら?という親の強い思いがあっても、私の気持ちが変わることはありませんでした。

 

でも月日が経ち…

有言実行のごとく毎日机に向かって記事を書いていた私の姿から誠意が伝わったのか、

私の夢を応援する!と言ってくれるようになりました。

親にブログの仕組みを説明して、「今の時代はネットでなんでも出来てすごいね〜」と感心しながら私のブログにも目を通してくれました。
 

アイコン用小kotti_Fotor.jpg

私のやりたい事を理解し、応援までしてくれて感謝です。

 
 

これから就活をしない事を親に伝える人へアドバイス

人生は一度きりなのでやっぱり自分が好きな事をしたいものです。

周りの人がなんと言おうと私は好きな事をして生きていくんだ〜!というマインドセットがあれば良いのですが、そんなのはなかなかの強者ですよね(笑)

私は平和主義なので、周りの大切な人たちが私のやりたい道に反対しているような状況はストレスに感じてしまいます。

 

これから就職をしない道を歩む事を親に伝えようと思っている人への私からのアドバイスは、就活をしない道を選ぶ理由は明確に伝え、行動で誠意を示そう!です。

 

「就活しないことにしたわ〜」と言うのと、「私は自分が好きな○○をしたいと思っているから、就活をしない道を選びます」と言うのでは全然印象が違いますもんね。

そして言葉だけで納得してもらえないようであれば、行動で誠意を示して本気度を理解してもらえるように努めるのが最善策だと私は思います。

 

 

おわりに…

いいねとハートのイラスト

私が就活をしない道をどのように親に伝えたかと親の反応についてのお話でした。

 

私が就活をしない道を選ぶまでの苦悩について知りたい!というにオススメの記事

\こちら/

私はなぜ就活をしない道を選んだのか

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。