Home 国際恋愛アンケート企画 【国際恋愛】64%が外国籍のパートナーと街を歩いていて視線を感じると回答した理由。

【国際恋愛】64%が外国籍のパートナーと街を歩いていて視線を感じると回答した理由。

by Chisaki

dfghj_Fotor.jpg

外国人の彼と一緒にいると結構な頻度で視線を感じることがあります。でもこんな事を言うと…

pose_ayashii_man_Fotor

いやいや、そんなの自意識過剰でしょ。

このように思う方も正直いると思います。自分でもグレーゾーンだなと思っていた為、なかなかこれについての記事が書けずにいました。

でもやっぱり、彼とお出かけをしていると私と彼共に視線を感じるー!という事が頻繁にあるんですよね。

_Fotor

ねえ、今前に座っている女性2人がこっちをずっと見てるよ。

周りの視線なんて気にしなければ良いと言ってしまえばそれまでですが、私は正直気にしてしまうタイプの人間なので、不自然な視線を向けられると心地悪い&気まずい思いをしてしまいます。

そんな訳で先日、ツイッターにてこんな投票を行いました。

この統計を目の前にした私の率直な感想は、「そんなに多くないな」です。お恥ずかしながら、これは国際恋愛あるあるだろうな〜と思っていました。

▽ちゃっかり「国際恋愛あるある」にまで含めるという小賢しさです(笑)

しかし、考えれば考えるほど64%という数字は現実を如実に表しているのではないかという気がして参りました。

そこで「街中で視線を感じるよ」っていうのが、ド定番国際恋愛あるあるっていうよりもマイルド国際恋愛あるあるである理由について考えてみました。

①国と地域に依る

スクリーンショット 2018-07-15 11_Fotor.jpg

投票と同時に頂いたコメントを読んでいて、住む国や地域によって国際カップルに視線が向けられるか否かは大きく変わってくるということに気がつきました。

国際カップルに人々が視線を払う主な理由は「物珍しさ」であると思います。その為、外国籍の人口の多い国や地域では物珍しさが薄れるので視線を向けられる事も少なくなると言えます。

▽視線を感じやすい
・単一国家
・ローカルしか居ない地域

▽視線を感じにくい
・多国籍国家
・観光客が多い地域

私は東京に住んでいるのですが、やはり都内と郊外では人々に視線を向けられ気まずい思いをする確率が都内の方が圧倒的に低いです。

というのも東京都内は観光客・在日外国人共に多いですが、郊外となるとローカルな人しか住んでない!という地域もあるので「外国人の物珍しさ」に差が出てしまうのは納得できます。

日本の人口を占める外国籍の割合に愕然する記事はこちら▽

②視線への敏感度には個人差がある

sdfgh.jpg

他人の視線に敏感な人がいれば鈍感な人もいます。ちょっと視線を向けられるだけで気まずい思いをしてしまう人もいれば、ガンガン視線を向けられても気にならないという人もいるでしょう。

私は周りの目が気になってしまうタイプなので、彼と一緒にいる時に感じる視線に過剰反応してしまっている可能性があります。(少し自意識過剰気味かもしれません…笑)

まとめ

外国籍のパートナーと街を歩いていると視線を感じるよ!という方が全体の64%だったという結果を受けてあまり多く無いという印象を受けましたが、よく考えてみるとこの数字は現実をよく表しているなと感じます。

これが絶対的あるあるで無い理由としては、住む国と地域によって視線の向けられ方、そして視線の感じ方に大差があるあるからだと考えました。

国際恋愛に関するおすすめ記事はこちら▽

Culture Talk Blog
Culture Talk Blog
国際恋愛中の日本人が、国際恋愛・文化の違い・海外の反応について語ります♡

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。