【海外の反応】なぜ日本人はセルフィーをSNSに載せないの?

kl;’_Fotor.jpg

_Fotor

なんで日本人はセルフィーを載せないの?

あなたはこんな外国人の反応を耳にした事はありますか。

彼に日本のセルフィー事情を指摘された当初こそあまりピンと来なかったのですが、考えてみると確かに日本人は外国人と比べて自分ひとりで写ったセルフィーを載せる頻度が圧倒的に少ないと感じるようになりました。

というのも私がインスタグラムでフォローしているヨーロッパ出身の知人は、日本人からすると信じられないくらい頻繁にセルフィーを載せているんですが、日本人の知人が載せる写真といえば友達や恋人と一緒に写ったものが主流です。

.bmp
ちさき

インスタグラムにて#selfie の投稿はなんと3億越え!

日本と海外のセルフィー文化の違いがとても興味深いと思った筆者は、当ブログのSNSにて「あなたがセルフィーを載せない理由を教えてください」とアンケートを取りました。

なぜ日本人はセルフィーを載せないのかという質問について、アンケート結果と共に私の見解を語りたいと思います。

【注意】
日本人でもセルフィーが大好きで載せる人もいれば、外国人でもセルフィーなんて載せないという人ももちろん存在します。その例として、私のギリシャ人の彼はセルフィーを全く撮ることも無ければ、載せることもありません。そんな彼のセルフィー更新頻度は日本人以下とも言えます(笑)

要するに日本人は外国人と比べてセルフィーを載せる率が低いというお話ですので、例外も存在するという事を頭に入れた上で読み進めていただけると嬉しいです。

なぜ日本人は
セルフィーを載せないのか。

スマートフォンで自撮りをする男性
Photo by Levi Elizaga on Unsplash

日本人がセルフィーを載せない要因として圧倒的だと私が思っているものがふたつ存在します。言ってしまうと、このふたつで全てが説明出来ると言っても過言ではありません。

①周りの目が気になる。
②自信がある=悪いという風習

もちろんこの他にも様々な理由が存在するのですが、それらの多くはこのふたつの大要因に分類することが出来ると私は考えます。この下にて詳しく見ていきましょう。

①周りの目が気になる。

こちらを見つめる3人の女性
Photo by Drop the Label Movement on Unsplash

一般的に日本人は周囲にどう思われるかや身の回りの人々からの評価を気にする傾向にあると言われています。同じ事がセルフィーにも言えるのでしょう。

セルフィーを投稿するにあたって、「友達にどう思われるだろうか」「変じゃないかなぁ」と周りの目を気にしてしまう…私自身もとてもよく分かります。

周りからの反応を考え始めると、最終的にはなんかもう面倒くさくなって載せなくていっかという気になります(笑)

アンケートを取ったところ、やはり他人の目が気になってセルフィーを挙げることに躊躇してしまうという声が多かったです。

unhappy_woman2_Fotor

他人がどう思うかがとても気になってあげれません!

unhappy_woman3_Fotor

人にどう思われるか気にしてしまいます。

(1)自意識過剰と思われたくない

他人にどう思われるかを更に詳しく見てみると、興味深いことに「自意識過剰と思われたくないから」という理由が目立ちました。

確かに日本で自分ひとりが写ったセルフィーを頻繁に投稿していると、自意識過剰だ〜とか自分に自身ありすぎだろう!と思う人が多いのかもしれません。

unhappy_woman2_Fotor

自分のこと大好きです!アピールがすごいと思ってしまう。

unhappy_woman3_Fotor

日本だとナルシストとか自分大好きだね、のような冷ややかな意見が多い。

これと全く同じ理由で、日本人はラインのアイコンを自分の顔写真にしないという現象も起こっているようです。詳しくは▽

(2)自分の容姿を悪く言われたくない

これはセルフィーを載せたくない理由として、最も率直な理由ではないかと思います。自分の容姿を悪く言われたら誰だって心底傷つきますよね。

unhappy_woman2_Fotor

載せると「海外かぶれか?」「可愛くないのによく載せられるね」とかいう人が居る。

unhappy_woman3_Fotor

陰口評価をする人が多い。

ん〜確かにセルフィーを載せる事で、自分の容姿に対してネガティブな事を言う人はどこにでも必ず居るような気がします。

実際にアンケートに答えてくださった方の中には、匿名で質問を募集した際にセルフィーや容姿について酷いことをたくさん書かれたといった経験をした事がある方も居ました。

②自信がある=悪い

日本人がセルフィーを載せない要因のふたつ目は、自信があるのは悪い事と捉える風習にあると思います。

自信がある=素晴らしいと捉えられる社会だったとしたら、もっとセルフィーを載せる人が増えると思いませんか?

例えばインスタグラムに100枚連続でセルフィーを投稿して、「私が一番可愛いのよ〜」「私より可愛い人なんてこの世に存在しないわ!」なんて言いふらしたのであれば、自意識過剰・ナルシストだとネガティブに捉えられて当たり前と思って良いでしょう。

ただ、自分がひとりで写ったセルフィーをSNSに投稿しただけで、「自意識過剰だ」「自分大好きじゃん!」と悪く言われてしまう風習には少し疑問を感じます。

果たして「セルフィーを載せる=自分に自信がある=悪い」の方程式は理にかなっているのか…定まった答えが無いからこそ難しいですが、疑問に思いますね。

少し話がセルフィーからは離れますが、海外で男性に好きな女性のタイプを聞くと「自分に自信がある人」と答える人が多いですが、日本人男性が自身のある女性が好きだと言っているのを私はあまり聞いた事がありません。

自分に自信がある人の捉えられ方が日本と海外では大きく異なることも、日本人が外国人と比べてセルフィーを載せない理由のひとつとして成り立っていると私は思います。

まとめ

なぜ日本人はセルフィーを載せないの?という海外の反応について考えてみたところ、ふたつの要因が大きく関わっている事が分かりました。

日本人が周りの目を気にしてしまうからというのももちろんありますが、海外と日本では自意識過剰と捉えられるラインが違うんだろうなと私は思います。

日本:セルフィー=自意識過剰・自分大好き
海外:セルフィー=当たり前・誰もがやっている

世界中どこでも自意識過剰が良く思われないことは同じだと思いますが、何を持って自意識過剰と捉えるかに差がありそうです。

.bmp
ちさき

この記事が面白かったと思ってくれた方、この記事をシェアして頂けるととても喜びます!ぜひあなたの意見を書いてSNSでシェアしてください♪

コメントを残す