【国際恋愛】海外では告白しない?デーティング期間とは。

イラストや土台_Fotor.jpg

「付き合って下さい」
「俺の彼女になって下さい」

そんな告白と共に好きな人との交際が始まるという流れは、日本人の私たちにとっては当たり前過ぎて「逆にこれ以外に誰かとの交際を始める方法なんてあるの?」と疑問に思うくらいですよね。

しかし、実は告白をするという文化は世界的に見てかなり珍しいんですね。

その為、外国人に恋してお付き合いに至るまでの過程で「告白文化の違い」で頭を抱える日本人はとても多いです。友達以上恋人未満から恋人になるまでの期間が非常にもどかしいです。

IMG_1813_Fotor.jpg

彼は私の事好きなの〜!?
私は一体彼の何なの〜!?

「もしかしたら彼の彼女になれるかも…」という興奮と、「彼は私の事をただの遊びだと思っているのかも…」という不安から居ても立っても居られません。

そこで本記事にてこの海外と日本の「告白文化の違い」に言及しつつ海外特有の「デーティング期間」について考えてみようと思います。

外国人は告白しないの?

友達からカップルになる図

「告白」を機に交際をスタートさせるのが当たり前(もはや常識?)な日本人にとって、告白なしに付き合うなんて信じられない!というか意味が分からない!といった感じですよね。

ヨーロッパ出身の男性とお付き合いしていて、何度も彼が「なぜ告白は必要ないのか」について熱く語ってもらった私ですら未だに理解出来ません(笑)

海外に長く住んでいても「未だに理解出来ない海外の文化だ。」と語る人も大勢います。

しかし、海外に日本のような告白文化が存在しないというのは紛れもない事実です。日本人の私たちがどう思おうと海外では告白をしないで交際をスタートさせるのが主流なんです。

なのではっきりと「Will you be my girlfriend?」というセリフを聞くことは本当に滅多にありません。

簡単に海外と日本で交際に至るまで(海外版の⑤はオマケ)の流れを書き出してみました▽

Fotor.jpg

海外ではデーティング期間(下にて詳しく説明します。)を経ていつの間にか交際が始まっているんですよね。日本では④番目に「告白」という重要なステップが存在してくれている事で、すごく分かりやすい!という印象を受けます。

なんで告白しないの?

sdfghj.jpg

お互い好き合っているんだったら「告白」してしまえば全てがスムーズに行くし分かりやすいっていうのに…どうして告白しないの?と思いません?

私には到底この質問に答えられそうに無いので(答えが見当も付きません笑)、実際に告白文化のない国出身の私の彼に聞いてみました。

_Fotor

はーい!この質問僕が答えたよ。

①告白なんて小学生みたいだから

彼は大人が「僕の彼女になって」と告白をする事はとても子供っぽいと考えるようです。海外で告白することもあるの?って聞いた時には「うん、小学生ならするよ〜」とまで言われましたね(笑)

これを聞いて私は、小学生あるある(?)の「ねえねえ、友達になろう〜?」を思い出しました。小学生の頃は誰もが言っていたこの友達になろうの依頼、大人になった今は絶対に口にしないですよね。大学生になって「友達になろう〜」なんて言ったら自分の周りから皆去っていってしまいそうです。

海外で大人が発する「Will you be my girlfriend?」は、日本人にとっての「友達になろう〜?」というくらいの異常さと滑稽さを醸し出すのかもしれません。(あくまでも私個人の見解ですが…笑)

②告白なくてもフィーリングで分かるから

敢えて告白をしなくても、自然とフィーリングでふたりが付き合っているのか否かが分かると彼は言います。

_Fotor

だってふたりがお互いに好き合っていたら自然にカップルだって分かるじゃん?

日本人の私はきっちりとした告白を経てお付き合いをスタートさせた方が勘違いやすれ違いが無くて分かりやすいのに〜と思ってしまいます。

また、①の続きとなりますが、大人になって「友達になろう?」と言わなくなった理由は、言わなくても気が合えば自然と友達になるからですよね。海外での愛の告白にも全く同じことが言えるのかもしれないですね。

デーティング期間とは。

海外のデーティング期間を表した絵

デーティング期間を日本語ではお試し期間と呼ぶのが一番しっくりくると感じます。つまり、このデーティング期間とは相手が自分の恋人としてふさわしいかどうか/相性が良いかどうかを定める為に相手のことを知る期間 といえます。

デーティング期間って何するの?

このデーティング期間にふたりの関係をどこまで進展させるか疑問に思う方は多いでしょう。ただこれに関しては個人差が大きく一概に「ここまで〜!」と言い切る事はできないんですね。

ただ単にデートを数回重ねカップルになってからキスやメイクラブをする場合もあれば、キスやメイクラブを全て済ませてからカップルになるという場合もあります。

ただここで覚えておきたいのは、キスやメイクラブをしたからといって相手が恋人になったという訳では無いということです。相手とカップルになる前にどこまでの関係を築くかはあなたと相手次第です。そこに正解と間違いはありません。また無理して相手に合わせる必要もありません。

デーティング期間はどれくらい続くの?

友達からカップルになる図

期間に関してもこれまた個人差が大きく、出会ってからすぐにカップルになる場合もあれば、友達未満恋人以上なモヤモヤな期間が長く続くこともあるでしょう。しかし、だからと言って期間が短ければ良い&長いと悪いという訳ではありません。

ヨーロッパ出身の彼に聞いてみたところ、「数秒の場合もあるし一生の場合もある」と言っていました。本当に個人差が大きいことが彼のこのひとことで伝わってきますよね。

デーティング期間を終わらせるには。

スクリーンショット 2018-07-03 17_Fotor.jpg

先ほども少し述べたように、デーティング期間と交際開始の境界線がフィーリングで分かるのだと語る外国人は多いです。

しかし、「告白文化」が存在する日本で生まれ育った私たちにとっていきなりその”フィーリング”を理解する事は至難の技です。(少なくとも私には理解できません笑)

そんな時は、恥ずかしがらずに相手と腹をくくって話し合うのがベストな方法だと私は思います。相手のことが好きでカップルになりたいと願うのであれば話し合いをする事をお勧めします。

「私たちの関係性について話がしたいな。」
「私たちのことについてちょっと話がしたい。」

このように話を切り出して相手と真剣に話し合う機会を作りましょう。

まとめ

海外と日本の恋愛の常識において一番大きな違いと言っても過言ではないこの「告白の有無」は、国際恋愛をする日本人全員が一番最初に経験する文化の違いなのではないかな〜と思います。

興味深い文化の違いであると同時に、混乱と不安を招く要因ともなり得るこの「デーティング期間」のことを少しでもこの記事を読んで理解してもらえたのであれば嬉しく思います。

この記事が良いと思った方にお勧めの記事▽

コメントを残す