私はなぜ就活をしない道を選んだのか〜就活に違和感を感じるあなたへ〜

サムネイル_Fotor.jpg

私が就活をしたくないな〜と思い始めた大学3年の冬から、「夢があるから就活しない!」と胸を張って言えるようになったまでの実体験をリアルを包み隠さず全て本記事にてお届けします。

就活をしようか迷っている
日本の就活システムに違和感を抱いている
就活で悩んでいる

そんなたくさんの方に私が全力で伝えたいことを本記事にて綴っていきます。

就活について考え始めた大学3年生の冬

将来について悩む女性

私が就活について考えるようになったのは大学3年生の冬でした。やりたい事なんて無いし、何がしたいのかすら分からないという時に将来の事を考えるほど精神的にキツイものは無いですよね。

中学→高校→大学と敷かれたレールの上を深く考える事なく歩んできた私は常に「高校に行けば夢が見つかるだろう」「大学に行けば夢が見つかるだろう」と信じていました。

しかし、現実はそう甘く無いという事を認めざるを得ない時がついにやって来たんですね。「将来の夢が無い」という現実が重くのしかかりました。

「正社員になれ!」と言われる

就活相談カウンセラーに相談する女性

就職活動についての知識が皆無だった私は、とりあえず大学にあったキャリアセンターへ足を運んでみる事にしました。私がこの場を訪れるのはこれが最初で最後となりました。

キャリアセンターを訪れたことで、私の就職活動に対する考えが180度変わりました。そして今でもこの日に受けたショックを忘れる事はありません。

「就職活動って何をするんですか?」
「就職したないって場合はどうすれば?」

悩める子羊のようだった私はカウンセラーさんに初歩的な質問をしました。するとカウンセラーさんこんな話をするんですね。

「正社員になりなさい」
「正社員になりなさい」

他にもたくさんの事を言われたと思うのですが、正直覚えていません。

「正社員になることが人生で一番大切なのですか?」そう聞けばよかった…とチキンな私は今になって後悔しています。

何よりも一番悲しかったのは、私の話を聞きもせず「正社員になりなさい」という一択を投げつけられた事でした。

就職活動に違和感を覚え始める

就活に違和感を覚える女性

そんなキャリアセンターで個人相談をした日以来、私は就活に対して違和感を覚えはじめました。

どうして皆が同じ就活という道を選ばなければいけないのか…
正社員になる事が人生での一番の目的だとどうしても思えない…

ぼんやりと自分は就活に向いてないと感じるようになりました。

就活しない道なんてあるの?

将来の進路を考える女性

就活に違和感を覚えてはいたものの、周りを見渡せば皆が就活をしているという状況に正直ビビっていました。

「実際問題、就活をするしか道が無いのでは?」
「就活をしたく無いなんてただの甘えでは?」

周りの友達もスーツに身を包んで学校に来るようになり、口を開いては就職の話題ばかり…就活をしていないのは私だけという状況から不安とストレスを感じていました。

「就活なんてしたく無い〜!」とどんなに心が叫んでいても、実際に就活をしないという決断を下すのは簡単な事ではなかったんですね。

就活をしないという道を選ぶことで、「アイツは人生を舐めている」だとか「就活から逃げたいだけなんじゃないの?」と思われるのではないかと無駄な心配をしていました。自分自身が就職をしない道が正しいのか定かで無い時期は特に…

大切な人達から大切な事を教わる

進路の悩みを抱えていた私はふたりの人に救われました。

①大学の先輩

私が密かに憧れていて素敵だな〜と思っていた大学の先輩に勇気を出して進路の相談をしてみたところ、こんな素敵な返事を頂き私は感激を受けました。

実際のメッセージ▽

you don’t have to do what everyone else is doing. Follow your heart and search for what YOU really wanna do and not what others expect from you. I know I did:)


彼女は私に「周りの皆がやっている事をやらなくて良いんだよ。自分の心を信じて、周りがあなたに求めている事じゃ無くて自分が本当にやりたい事を探して欲しい。私は自分がそうしたって分かる。」と教えてくれました。

大企業からの内定を頂いていたにも関わらず、自分の好きな道を選んだ先輩の「私は自分が好きな道を選んだ。」という言葉は私の胸に刺さりました。

②彼氏

そして私が就活をしないと心の底から悔いなく決断をする事が出来たのは、間違いなく私の彼のおかげです。彼は私が就活をしたら幸せになれない・就活は私に向いていない事を察してくれていたようで、就職をしたくない…と悩む私の背中を全力で推してくれました。

海外での仕事事情を教えて貰ったことで、「新卒」で就職することにこれほど執着するのは日本だけだと私は気づく事が出来ました。

その他にも、海外では大学卒業してから将来何をするか考える人が大多数だと知り、やりたい事がないのに新卒で就職にこだわる必要はないなと私は思い始めました。

彼のおかげで日本の当たり前は海外では通用しない事を知り、私の視野は広がりました。日本での当たり前が全てでない事を知る事で心がスカッと晴れたのを今でも覚えています。

自分の夢を追求する事を決断する

好きな事をして嬉しそうな女性

まず最初に結論から言います。今の私の夢は「プロブロガーになる!」です。ブログを書きながら世界中をパソコンひとつで旅したいと毎日心の底から夢見ています。

そんな私がこのブログを立ち上げたのは、まさに就活を始めなければな〜と考え始めた大学3年生の12月だったんです。それ以降、全力でこのブログに愛と情熱を注いでいます。

ブログを始めた詳しい経緯についてはこちらのプロフィール記事にて語っています▽


 

就活しないの?と周りから驚かれる

驚く女性

大学4年生の春、周りは就活真っ只中…そんな時期に毎度私服で学校に行ったり、バイトに入りまくっていた私は周囲から「え、就活してないの?」という質問を受けるようになりました。

「就活しない事にしたんだ〜」と伝える度に「え、やば〜!」と驚かれました。就活をしないというだけでこんなに驚かれるのかとショックを受けましたね。

中でも一番ショックだったのはこれ▽


 

でも「夢」を語ると案外応援してもらえる

「就活しないなんてヤバイ」と言われ続けた私でしたが、自分の夢を周りに公言できるようになってからは周りの反応が大きく変わりました。単純に具体的な理由を挙げずに「就職しない」宣言をした時とは天国と地獄ほどの差がありました。

「ブロガーになりたくてブログを書いているんだ。」と伝えると意外と反応が良くて私自身も驚きました。

youngwoman_42_Fotor
知人

え〜すごい!私もそういうのやってみたかったんだよね。頑張って!

実際に私のブログに興味を持って読んでくれる人さえいて私は感激しました。

実際に夢があって就活をしたくないな〜と考えている場合は、公言してしまうと案外楽になる事があります。自分の語る夢を「かっこいい」「すごい」といって応援してくれる人が多いとよりやる気になります。
 

意外と仲間はいる!

楽しそうに肩を組む友達

就活しないという道を選んだ今、周りを見渡してみると自分はひとりじゃないという事に気がつきました。

特にSNSを通してたくさんの自分と似た夢を追いかけている人と出会う事ができましたし、就活をしないで自分の好きな道を選んだという人が意外と身近に居るという事が発覚しました。

つい大多数の選ぶ道「就活」が全てのように感じてしまいますが、周りを見渡すと案外自分の好きな道を歩んでいる人が沢山います。
 

まとめ

私が就活をしないという道を選ぶに至るまでの経緯を知ってもらいたい!という一心で気づいたらこの記事を書いていました。こうして振り返ってみると就活をしないという決断に至るまでにたくさんの苦悩があった事が分かります。

就活をしないのは甘えだ・楽をしたいだけだと思われてしまいがちですが、「就活をしないという道」を選ぶことは「就活をするという道」を選ぶと同等に辛いものだと私は思います。

自分がやりたい事、そして自分しかできない事を追求したいという思いの一心で私は「就職をしない道」を選びました。後悔は一切ありません。

相談乗ります

過去の私と同じ状況下に置かれている/同じ悩みを抱えている

.bmp
ちさき

私で良ければ相談のります。気軽にメッセージ送ってくださいね〜。

 

コメントを残す