海外の嫁姑問題について考える。〜私と彼ママの関係性は?〜

w_Fotor

「嫁姑問題」

なんともダークなこの話題、海外にも存在するのか?!その実態にヨーロッパ出身の彼と交際中の私自身の実体験(彼ママと私の話)を含め本記事にて迫ります。

プロローグ

義理のお母さんのことを英語では「Mother-in-low」と言います。日本ほど確立した「嫁姑問題」といった単語は存在しないように感じます。

Conflict with a mother-in-law.
A wife and her mother-in-low do not get along.

例えばこのように嫁と姑の仲が良くない事やふたりの間に衝突がある事を表す事は出来ますが、やはり「嫁姑問題」ほどしっくりくる英単語は見当たりません。

そこで私は「嫁姑問題は海外にも存在するのか」という疑問を抱え始めました。日本ではよく耳にするこの嫁姑問題に関してヨーロッパ出身の彼にインタビューしてみました。

ヨーロッパの嫁姑問題事情

.bmp
ちさき

日本では嫁姑問題が割と深刻なんだけど、ヨーロッパではどんな感じなの?

_Fotor

うーん、義理の両親との問題は日本と同じで存在すると思う。
でも僕が真っ先に思い浮かべるのはむしろ夫姑問題だな〜。

なんと!!彼は夫×姑の問題の方がより主流だという予想外の返答を彼は口にしたのです。

夫と姑の問題が日本に存在しないとは言えませんが、あまり耳にしないですよね。「嫁姑問題」と言う言葉は主流なのに、「夫姑問題」が使われない事からも一目瞭然です。

彼の見解をもう少し詳しく説明すると、嫁姑問題はヨーロッパにも存在するけど、どちらかと言えば「娘を心配する姑と夫の問題」の方が主流だという事です。

※もちろん海外で嫁姑問題を経験された方もいらっしゃると思いますが、日本で嫁姑問題を経験しなかった人もいるように個人差がある話なのであくまで一般論として捉えてもらえればと思います。

.bmp
ちさき

なんで夫姑問題の方が主流なの?

_Fotor

よく分からないけど、娘から悪い男を遠ざけたいと願う母が多いんだと思う。逆に息子の彼女を心配する事はあまり無いんじゃない?

何故?に関しては彼自身もよく分からないようで、苦笑いしていました。私自身もなぜ日本で嫁姑問題がそんなに深刻なのか分からないのでフェアとしましょう。笑

私と彼ママのお話

ここからは私と彼ママのリアルを語りたいと思います。私たちはまだ結婚していないので「嫁×姑」では無いですが、「日本人彼女 × ギリシャ人彼ママ」の実態を包み隠さずお届けします。

彼ママからインスタのフォロリクが!

インスタグラムを開いたスマートフォン。
Photo by Jakob Owens on Unsplash

インスタグラムにてある日突然(彼と付き合い始めて数ヶ月の頃)、見た事のない外国人女性からフォローリクエストが届きました。彼がフォローしている人とあったので欠かさず彼に「これ誰〜?」と聞いた所、彼のお母さんである事が判明しました。

私のインスタグラムアカウントは鍵付きで、彼との2ショット写真をいろいろと載せていたのでリクエストを承認するべきなのか割とガチで悩んでいました。「絶対に嫌だ」という気持ちはなかったにしろ、彼のお母さんにインスタグラムをフォローされるというのは複雑な心境になりますよね(笑)

.bmp
ちさき

お母さんからリクエスト来てるんだけど承認した方が良い〜?

_Fotor

ちさきが好きなようにすればいいよ〜。

彼はどっちでも良いというので悩んだ末、無視・拒否する勇気が無かった私は承認する事に決めたのです。ちなみにこの時、私は彼ママと会った事もなければ話した事もありませんでした。

SNSでのやり取り

リクエストを認証してすぐに彼のお母さんは私の投稿にコメントをくれるようになりました。

You both look so nice!
I love you both!

日本で義理のお母さんからこの種のコメントをもらったらドン引きしてしまいますよね。「なにこれ?!逆に怖い!」といった感じでしょうか。しかし、彼ママからは私達ふたりを祝福してくれる形のコメントを頻繁にもらいました。

困っていること

家で頭を傾げて悩む女性

ひとつ困っていることといえば、彼ママから時々不意に送られて来る「I love you」「I miss you」に対する返事です。

写真に対するコメントであれば、どんなに頻繁に来ても「Thank you」と返事をすれば良いと思うのですが、この種のメッセージはどうも返事に困ってしまいます。

「Thank you」と返すのもおかしいですし、かといって「I love you too」とは言うのもなんだかな…と思い、最終的にいつも「I hope to see you soon」などと返事をしてしまいます。

.bmp
ちさき

皆さん、どうしてますか〜?

私と彼ママの関係

彼ママと私の関係性は良好と言えると思います。彼女はいつも私に良くしてくれますし、特に嫌な思いをした経験は今の所ありません。しかし、彼ママと私の間には「言語の壁」がある為、これ以上仲を深めるのは難しいかなと正直感じています。(大声では言えませんが…)

「元気〜?」とか簡単な会話は英語で出来ますが、深い会話は出来ません。真剣な話や難しい話をする際には決まって彼の通訳が必要になるんですね。なので彼ママと私ふたりきりにされたら正直会話に困ってしまいます。

とはいっても彼ママは「愛する息子を幸せにしてくれる彼女=好き・大切にしたい」と考えてくれているように感じます。なぜなら「いつも彼を愛してくれてありがとう」と言われたことがあるからです。愛の文化!素晴らしいです♡

まとめ

ヨーロッパでの嫁姑問題について彼にインテビューしてみた結果と、私と彼ママの実話を本記事にてお届けしました。

ヨーロッパでは「夫姑問題」の方が主流ということには衝撃を受けましたが、確かに彼ママが私にとても優しく接してくれて「I love you」とまで言ってくれる事を考えると納得です。

コメントを残す