Home 国際恋愛私たちカップルについて 【国際恋愛】付き合ってすぐに海外で1ヶ月間同棲した話。

【国際恋愛】付き合ってすぐに海外で1ヶ月間同棲した話。

by Chisaki

ガsdfgsdFotor.jpg

私の国際恋愛体験談と称しまして、過去の出来事を振り返って語ります。

※本記事の内容はタイトルから分かって頂けるように、彼と付き合って直ぐ(3ヶ月目)に1ヶ月間同棲をしたお話です。

 

_Fotor

付き合ってあんな直ぐに1ヶ月も同棲したのってよくよく考えるとヤバイよね。

 

なぜ私たちは付き合い始めて直ぐに1ヶ月間も同棲をする事になったのでしょうか?(なんとそれも海外で)

本記事において、その全貌を包み隠さずお届けしていきます。

なぜ付き合って3ヶ月にして1ヶ月間同棲する事に?

コーヒーカップで乾杯するカップル

私たちが付き合って3ヶ月目にして1ヶ月間の同棲をするに至った理由には国際恋愛ならではの問題が深く関わっています。

私たちが交際を始めた時、私の彼は観光ビザで日本に滞在していました。

観光ビザでは賃貸も借りれないし、ホテルだと高いので彼はAirbnbを利用してアパートを借りていました。そして何より、観光ビザで外国人が日本に滞在できるのは最大で3ヶ月という厳しい制限があります。

 

スクリーンショット 2018-06-19 20_Fotor.jpg

彼が日本に居られる3ヶ月の終わりが迫ってくる頃、彼は私と離れ離れになるのは嫌だと言ってくれたので日本で仕事を探し始めました。

しかし、観光ビザで日本に滞在している外国人の職探しがそう上手くいくはずがなく、彼は日本を去らなければいけないことになったのです。

幸いなことに、彼が日本を去ったのは7月の初めの中旬…私の大学の長期休みと丸かぶりでした。

私は嬉しくてテンションが上がり、「彼と一緒に夏休みが過ごせる♪」という一心。

彼と付き合い始めてまだたったの3ヶ月だという事なんて気にも留めず…

  • どうせ日本にいたって楽しい事ない
  • 1週間行くのも1ヶ月行くのも航空券の値段変わらない

こんな思いから、1ヶ月間まるまる彼の元で夏休みを過ごす事を決めました。

 

 

不安はあった?

手を合わせて祈っている女性

「付き合ってそんなに直ぐに1ヶ月間一緒に過ごす」という話を聞くと大抵の人はこう思うでしょう。

 

pose_ayashii_man_Fotor.jpg

付き合い始めてそんな直ぐに1ヶ月間も同棲したら、破局を招くのでは??

 

そう考えるのはいたって当たり前のことで、私の彼も当時1ヶ月の同棲期間が始まる前は不安を訴えていました。

3ヶ月間順調に進んで来たからこそ、失いたくないものは大きかったのだと思います。

彼が「1ヶ月一緒に住んだら何が起こるか分からない」と不安そうに言っていたのを今でも覚えています。

そんな不安に怯える彼とは裏腹に、私はまるでノー勉でテストを翌日に控えた夜に湧いてくるような謎の自信に満ち溢れていました。

 

アイコン用小.bmp

私たちは大丈夫!1ヶ月楽しくて仕方がない同棲生活になるぞ〜♡

 

 

オーストラリアでの1ヶ月の同棲生活

海辺に立つカップルの足元

私の彼はギリシャ人ですが2国籍持ちで、オーストラリアの国籍も所有しています

その為、日本を一度出国するために向かう先としてギリシャかオーストラリアというオプションがありました。

スクリーンショット 2018-06-21 15_Fotor.jpg

彼がギリシャでは無く、オーストラリアへ行った理由は主に2つ。

 

    1. 新たな国を訪れてみたかったから。
    2. オーストラリアから日本のワーキングホリデービザを取得出来るから。

 

実際のところ、オーストラリアから日本のワーキングホリデービザが取りやすいからという理由が一番の決め手でした。

ワーキングホリデービザを取得せずに日本に来てもまた3ヶ月後には日本を去らなければならない為、ワーホリのビザがどうしても必要だったんですね。

彼がオーストラリアに行って3週間後に私が駆けつける形で1ヶ月の同棲生活がスタートしました。

 

 

1ヶ月間ふたりで何をしていた?

 

Airbnbにて家を借りてふたりでそこに1ヶ月住みました。

私は夏休み中でしたし彼もオーストラリアで仕事はしていなかった為、ふたりとも特に先約が無く1ヶ月間毎日一緒に過ごしました。

 

  • 映画を見る
  • ショッピングモールに行く
  • 街やビーチを散策
  • 公園でのんびりする

 

とにかく時間の流れがゆっくり…特に観光等はせずに1ヶ月を過ごしました。

中でも一番印象に残っているのは、毎日彼が私のために振舞ってくれていた料理です。朝はフレンチトーストやパンケーキを作ってくれていました。

 

彼の手料理(写真として残していたのは氷山の一角。。)

Collage_Fotor.jpg

 

.bmp

まるでシェフのような料理の腕前を持つ彼に感激!

 

 

当時を振り返って

cristina-gottardi-358857-unsplash_Fotor.jpg

付き合って3ヶ月目にして1ヶ月24時間一緒の同棲生活なんて、普通に考えたら絶対やってはいけない行為ですよね。クレイジーです(笑)

でも私たちは今その過去を振り返って「あれは本当に良い経験だったよな」と語ります。

なぜかというと、この1ヶ月の同棲生活は私たちの距離感をグッと縮めてくれたからです。

 

お互い遠慮しがちな性格をしている為、付き合って3ヶ月目の私たちはまだお互いに気を使ったり言いたいことをダイレクトに言えないでいました。しかし、1ヶ月の同棲生活を終える頃には何でも言い合える・ありのままの自分を晒け出せる、そんな関係になっていました。

 

この同棲生活がなければ、私たちがこんなすぐに距離を縮めることは出来なかったと思います。この1ヶ月は私たちカップルにとって半年分くらいの意味があったかな〜と感じます。

 

 

同棲の勧め

というわけで私達は、付き合って3ヶ月目にして1ヶ月間の同棲生活を大成功に納めました。「付き合ってすぐに同棲なんてしたら絶対破局するよ〜」なんていう一般論に怖気付くことなく、実行して良かったと心の底から思っています。

日本では一般的に「同棲は結婚前提じゃなきゃダメ!!」「結婚してからでなきゃ同棲は禁止!」と言われがちですが、それに私はどうしても賛成出来ません。

一緒に住んでみないと分からない相手の部分は腐る程存在します。

 

_Fotor

1週間に一度良い人そうに振舞うことは簡単だけど、1ヶ月間自分を偽ることは出来ない。

 

このように彼が言っていたのを聞いて、本当にその通りだなと私は思いました。

そして、一緒に住んで上手くやっていけない相手とは、たとえ1年先でも5年先でも結婚しても上手くやっていけません。結婚してから「あ〜、私この人とは一緒に暮らせないわ。。」と気がつくようでは遅すぎます。

結婚を決める前に1ヶ月でも十分ですので、同棲生活をしてみるのを私はお勧めします。

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。