「外人」は差別用語なのか。〜私なりの見解とヨーロッパ出身の彼が思うこと〜

名称未設定_Fotor.jpg

あなたは「外人」という言葉を聞いてどんな印象を受けますか。

悲しい…/差別用語だ。/特に何とも思わない。

人それぞれ思う事は異なるでしょう。そしてその考えに正誤はありません。正誤がないからこそ難しい問題ではありますが、本記事において私なりに考えて出た結論ととヨーロッパ出身の彼の意見を紹介していきます。

外人には2種類の意味がある?

私はこれまでずっと「外人」は単純に「外国人」を省略したものだと思っていました。しかし、実は「外人」という言葉には2つの意味が存在します。

外人とは

① 外国人。特に、欧米人をいう。「外人墓地」
②仲間以外の人。他人。

参照元:goo 国語辞典

つまり、私が元々把握していた意味①の他に仲間以外の人という意味をこの言葉は持っていたんですね。

FullSizeRender_0526044453_Fotor
ちさき

「外人」に仲間以外の人という意味があったなんて!!

「外人」は差別用語なのか。

手を顎に添えて考え事をする女性。
Photo by Miguel Runa on Unsplash

*まず始めに、この問いに対する「正しい/間違っている」答えはありません。この言葉に対する考えは人それぞれ大きく異なると思います。その為、本記事で語っていく事は全て筆者本人の主観的な意見となります。

一般的に「外人」という言葉に良い印象を持つ人は少ないでしょう。例えば次のような発言をもって「外人」は差別用語だと言われることが多いですよね。

「あ、外人がいる!」
「ここ周辺には外人がたくさんいるんだよね〜」

しかし、これは本当に「外人」という言葉が差別用語だからという理由で収拾が付くのでしょうか。

「外人」は差別用語だから使うなという人もいますが、私は「外人」という言葉そのものに差別的要素は無いと考えます。差別的要素があるか否かは、全てその言葉がどう使われているかとそのシチュエーションによると思います。

例えば、人を指差して「あ、外人だ!」と言った場合、その行為自体と言葉の使い方が差別的だと言えます。これは人を指差して「oh there’s a foreigner!」と言うのが差別的ではあっても、foreignerという言葉自体が差別用語で無いのと同じなのではないでしょうか。

もう一つ例を挙げてみましょう。アジア人を見て「あ、アジア人だ〜」と指をさせばもちろんこれは差別的発言ですよね。しかし、アジア人という単語そのものが差別用語だと言う人はいないでしょう。

スクリーンショット 2018-06-17 9_Fotor.jpg

「外人」が差別用語では無い感覚は、「アジア人」や「外国人」という言葉が差別用語で無いという感覚に近いです。なぜなら、これらの単語はどれも使い方によっては差別的な意味となり得るからです。

ヨーロッパ出身の彼に聞いてみた

憂鬱そうに窓から外を眺める男性。
Photo by Ethan Sykes on Unsplash

ヨーロッパ出身の彼が「外人」という言葉にどのような印象を受けているのか実際にインタビューしてみました。

①「外人」を差別用語だと思う?

_Fotor

自分の出身地と見た目が違うっていう事でそのカテゴリーに分類されることはちょっと差別的だよね。

外人というカテゴリーに分類されることをネガティブに感じているようです。

FullSizeRender_0526044453_Fotor
ちさき

「外人が好む日本の食べ物10選」といったコンテクストで使われている場合も、差別的だと思う?

_Fotor

うーん。そのシチュエーションだと差別的には感じないな〜。英語のforeignerと同じように使われている場合は特に差別的では無さそうだね。

②「外人」って呼ばれたらどう思う?

_Fotor

蚊帳の外のような気分になると思う。でもだからといって別に気分を害されるわけでは無いけどね。自分がforeignerである事は事実な訳だし…

その後も彼と「外人」という言葉について語った結果、ひとつの結論にたどり着きました。

「外人」=「foreigner」

彼は「自分はまだ日本語をよく理解できないからそう感じているなのかもしれないけど…」と言っていましたが、私は彼の考えに賛同です。外人という単語自体は「foreigner」と何ら変わりが無いように感じています。

最後に…

「外人」という言葉に対して思う事はひとりひとり大きく異なると思います。私なりの考えを本記事にて語りました。

「外人」という言葉そのものは差別的用語では無いと考えていますが、ネガティブな意味を持つと信じている人も多く実際に使い方によっては人を傷つけたり、差別的発言になるので気をつけていこうと思います。

関連記事>>外国人なら誰でもいい? 【外人ハンター】とは。

3 Comments »

  1. わたしはやはり、外人はたしかに外国人の意味もありますが、「よそ者」という意味があって、あまり使わないほうがいいと思いますね。

    • Wildsumさんいつもブログ見てもらってありがとうございます。励みになっています。

      「外人」の件ですが、やっぱり「よそ者」という意味が強いというのはありますよね…ネガティブな意味を暗示するというのと誤解を防ぐためには外国人という言葉を選んで使っていこうと思います。コメントありがとうございます。

コメントを残す