【海外の反応】外国人は日本の「婚活」についてどう思っているの?

Untitled_Fotor

「わたし今絶賛婚活中で〜す♡」

よく耳にするこのセリフ、当たり前のようにまかり通っていますが実はこの発言を堂々と出来るのは日本だけなのかもしれません。

そんな日本特有の文化「婚活」の意味と現状をヨーロッパで生まれ育った彼に解説してみたところ、思っていた以上の反応が得られました。

彼の反応が興味深く、そこから学べる事が多いと感じたので 外国人の「婚活」に対する反応と称して語っていきます。

英語に「婚活」は存在しない?

婚活のコンセプトを彼にどうやって説明しようかな〜と思い、調べていると「Marriage Hunting」という単語に出くわしました。

FullSizeRender_0526044453_Fotor
ちさき

なるほど、そう来たか。

就活が「Job Hunting」と訳されるの似ていますね。英訳は存在するものの、これらは決して海外で日常的に使われているものではありません。 日本文化の背景があって初めて成り立つ言葉だと思います。

要するに、日本文化にある程度詳しい海外出身の人と日本の婚活について語っている時に「marriage hunting」という英単語を使う場合は何の問題もありません。しかし、日本と全く関係のない「結婚相手を探しているんだ。」という場面において、この単語を使うことは絶対にありません。

  まとめ
・日常的に使われる英語に「婚活」という単語は存在しない。
・日本文化に言及する場合は「marriage hunting」と言えばOK。

いざ彼に解説してみた。

下調べが済んだところで、彼の日本の婚活に対する反応を伺うことにしました。

彼に婚活のコンセプトを伝えると、彼は苦い顔をしてこう言いました。

_Fotor

Is this thing really big in Japan?

日本で「婚活」が一般的に行われているという事実があまりに衝撃だったようで、信じてもらえるまでに時間がかかりました。

もともと日本の就活を知っていた彼は「もしかして…就活の結婚バージョンのようなもの?」とピンポイントに就活と婚活の関連性を指摘してきたので、鋭いなと思いました。

_Fotor

日本人は「結婚」までの道のりを、まるでビジネスのように捉えているんだね。

ヨーロッパ出身の彼に 日本の婚活は異様に映るというという事が分かりました。彼が日本の婚活について、彼なりの意見を熱く語ってくれたので詳しく下にて紹介していきます。

※あくまでも彼と私の個人的な意見です。「賛同・反論」大歓迎ですので、ご自身の意見と照らし合わせながらお楽しみください。

日本人の結婚概念に疑問。

djtygh.jpg
Photo by Hermes Rivera on Unsplash

「婚活」というコンセプトが存在しない彼にとって、「婚活をする理由」も全く分かりません。そんな彼に日本で婚活をする動機としてよく挙げられる理由を伝えてみました。

ここから紹介していくものは、 一般的に挙げられる婚活をする理由に対する彼の反応となります。

①金銭面での将来が不安。

彼が一番ショックを受けたと言っていたのがコレです。金銭面が不安だからというのは結婚をしたい理由としてふさわしいものなのでしょうか。

将来が不安なのであれば自分で働いてお金を稼げばいいのでは?というのがシンプルで理に叶った彼の率直な反応でした。「結婚=安定」という考えは、結婚しても共働きが基本な海外出身の人にとっては理解し難い考えなのだと思います。

焦り_Fotor.jpg

もし海外で結婚したい理由として金銭を口にしたら、gold diggerとして周囲から痛い目で見られる。でも日本では人々が堂々とそれを口にするから驚いた。

gold diggerの意味

出会いの場で年収や職種について話す事もそうですが、海外では少しでも交際や結婚に「お金目的なのではないか…」という疑いを持たれたら一巻の終わりと言えるでしょう。

そんな社会の中で「金銭面での将来が不安だから結婚したいわ。」という発言は出来ないですよね。日本での普通が、いかに海外では通用しないかが分かります。

②幸せになりたい!

コレに対する彼の反応は「結婚したからといって幸せになれるとは限らないのではないか。」といういたってシンプルなものでした。愛する人と結婚するから幸せになれるのであって、「結婚=幸せ」という訳ではないと言っていて、その通りだなと思いました。

③結婚していないと恥ずかしい。

「周りが結婚しているから私も…」「この歳にもなって独身なんて恥ずかしい」。このような発言は決して珍しいものではありません。しかし、ヨーロッパ出身の彼はこれらの理由を耳にして顔をしかめていました。

焦り_Fotor.jpg

なんで結婚することがそんなに大事なの?自分の出身地(ギリシャ)では皆、結婚するのが早い訳では無いけど、誰ひとり「結婚しなければ」と焦っている人なんか居ない。

歳は関係なく、「デートをして好きな人が出来たら後々結婚すればいいだろう」くらいの感覚だそうです。その為、「もうこんな歳だからデートをしている時間が無い。」という感覚は全く理解出来ないと言っていました。

<オマケ>その他にも、「子供が欲しい」という理由に対しては「子供を作る相手が重要なのでは?」という反応、そして「親からのプレッシャーが…」に対しては「Come on!15歳じゃないんだから〜」と言っていました。

まとめ

「婚活」のコンセプトを彼に解説して反応をしてもらった事で、それがいかに日本特有の風習であるかを改めて実感しました。

彼の婚活に対するイメージは決してポジティブなものではありませんでした。

スマイル_Fotor.jpg

結婚相手を探す事にそう一生懸命にならずに、愛する人を探してみれば?

フィーリングが合って交際をスタートし、相手のことが好きだから結婚したくなる。そんな流れが自然な彼にとって、初めから「結婚相手を探す」というモチベーション下で成される婚活は不自然に映るようです。

是非あなたの意見もお聞かせください。

関連記事>>【海外の反応】外国人が日本人男性に抱く疑問3つ。

コメントを残す