【国際恋愛】付き合い始めに受けたカルチャーショック5つ。

Untitled_Fotor.jpg

国際恋愛といえば文化の違い、そして文化の違いといえばカルチャーショックですね?今回はそんな私がヨーロッパ出身の彼とお付き合いを始めた際に体験したカルチャーショックのお話です。

彼と付き合って2年となる今でこそ、これといったカルチャーショックを経験する事は少なくなりました。しかし、彼と付き合い始めて間もない頃は毎日がカルチャーショックと言っても過言ではない程、驚きっぱなしの毎日を送っていました。

FullSizeRender_0526044453_Fotor.png
ちさき

彼との付き合いが長くなるにつれ、カルチャーショックは薄れていっています!

「自己主張がはっきりしている!」といったメジャーな文化な違いについては過去の記事で色々と語る事が多かったので、今回はあえてマイナーなカルチャーショックに注目してみたいと思います。

国際恋愛を経験したことのある方は、「あるある〜」と共感できるものがあると思います。

①swear wordsの連発に戸惑う。

頭を抱える女性
Photo by Abigail Keenan on Unsplash

日本には存在しないけれど、多くの外国語には存在するこの「swear words」。ののしり言葉・悪い言葉と訳される事がありますが、日本語にそれに該当するものは存在しないので日常的にあまり耳にする事は私はありませんでした。

そんな私は彼と付き合い始めて、彼が日常会話においてswear wordsをあまりにも連発するので違和感を感じていたのを覚えています。

.png

ギリシャ語ではswear words無しでは会話が成り立たないよ〜。

この通り彼の母国語であるギリシャ語と第二言語である英語で「swear words」を連発する事は彼のあるべき姿で、今では何とも思わなくなりましたが、始めは私はあまり良い印象を持っていませんでした。

今現在彼に聞いたところ、なんと私は彼にswear wordsを連発しないでとお願いまでしていたそうです(笑)今では私も連発して…

②いつも手ぶらの彼に違和感。

身軽に宙を浮いている男性
Photo by Roland Denes on Unsplash

【海外の反応】外国人が日本人男性に抱く疑問3つ。という記事においても、この文化の違いについて述べた事があるのですが、外国人の男性は出かける時にカバンを持たない人がなぜか非常に多いです。

私の彼もそのひとりで、デートに行く時は常に手ぶらでカバンを持っているのを一度も見た事がありません。雨の日でも傘すら持って来ない、THE手ぶら人間です。

仕事の面接に行く時ですら、履歴書の入ったファイルを片手で持って電車に乗っていました。その姿に私は本当に驚いたのを覚えています。

しかし、今となっては彼が手ぶらでデートに来るのが当たり前になってしまった為、大きなカバンを持ってデートをしている日本人男性を見かけると「あのカバンの中に何を持ち歩いてるんだろう?」と地味に気になってしまう自分がいます。

③体温が高すぎて熱かと疑う。

彼にハグをすると、「ん?なんかすごい暖かいぞ。」と彼の体温の高さにびっくりさせられます。稀に熱すぎて熱があるのではないかと心配になった事すらありました。

ですが後に調べてみたところ、欧米人は日本人よりも平均体温が高いという事を学びました。彼らの平均体温は37度から37度後半だそうです。

これは彼にとってもカルチャーショックだったようで、私が風邪が治った時に体温(日本人にとっての平均体温)を伝えたところ、「低過ぎじゃないか?!!」と心配された事があります。

FullSizeRender_0526044453_Fotor
ちさき

まだ肌寒い時期に、彼が半袖短パンなのも納得。。

④「床」の捉え方の違いに驚く。

木の床とスニーカー
Photo by Neven Krcmarek on Unsplash

欧米人は家の中で靴を履くというが頻繁に文化の違いとして挙げられていますが、その基となる根本的な床の捉え方が日本人と欧米人では驚く程に異なります。

どういう事か具体例を挙げて説明したいと思います。

【 ケース1】私は普段床で洗濯物を畳んだり、畳み終わった衣類をそのまま床に置く事が多いのでその癖で彼の洋服を床に置きました。すると彼は「床は汚いからそこに置かないで〜!」と言ったのです。

【 ケース2】ソファーの上の食べこぼしや糸くずなどの小さなゴミ一般を彼は床に放り捨てます(笑)

つまり、彼は家の床を完全に汚いと認識しているのです。それに対して私は床がそれほど汚いという認識はありません。むしろ床に座り込むのが好きです。ちなみに彼が床に座っているのは一度も見た事がありませんし、あぐら座りをする事が出来ません。

⑤朝シャワーに慣れない。

付き合い始めて間もない頃、彼がいつも朝にシャワーを浴びている事に大変驚きました。お風呂に関する文化の違いの詳しくは、【海外の反応】日本人は毎日お風呂に入る~日本と海外の3つの違い~という記事にて語った事があるので、興味のある方は是非ご覧ください。

生まれてからずっとお風呂に入ってから寝るという習慣のある私にとって、帰宅して汚れた体のままベットに入るという彼の習慣に慣れることは出来ませんでした。

.png

ヨーロッパに居た時は、朝でも夜でも関係なく時間がある時にシャワーを浴びていたよ。

日本では体を綺麗にして就寝するというルーティーンを送っている人が多いと思うのですが、海外ではいつでも時間がある時にシャワーを浴びて体を綺麗にすれば良いという考えが主流のようです。

最後に…

付き合い始めの頃に感じていたカルチャーショックを5つ紹介しました。もう数年前の事となるので、きっと思い出せないだけで本来はもっと彼との間で感じたカルチャーショックがたくさんあったんだろうなと思います。

一般的には異国の地に行く事で体験するカルチャーショックですが、異国の地出身の人と付き合っていく事でもたくさんのカルチャーショックを経験することが出来て楽しいです。

あなたの国際恋愛におけるカルチャーショック体験談も是非お聞かせください

コメントを残す