Home 海外の反応 【 海外の反応】日本人と外国人の残業の捉え方の違いが面白い。

【 海外の反応】日本人と外国人の残業の捉え方の違いが面白い。

by Chisaki

1_Fotor.jpg

「残業」についてどう思うかと尋ねられたら、間違いなく多くの人が「残業は嫌だ」「残業なんてしたくない」と答えるでしょう。

しかし残業は日本社会に深く浸透していて、現実を見ても残業をしている人が大半。

「過労死」という日本語は英語では該当する単語がない(仕事し過ぎで死ぬという現象自体ない)ので、英語でも「過労死」という日本語がそのまま使われるという事態に至っているのです。

 

 

なぜたくさんの日本人が残業をするの?

2_Fotor.jpg

 

なんで誰もが残業なんてしたくないのに、たくさんの日本人が残業をするのだろう?

そんな疑問を抱えている人や日本の残業文化に違和感を抱いている人は多いと思います。

 

私の思うこの質問に対する答えは、日本では「残業をしたくない気持ち」や「残業の必要性」よりも「周りの人の目」を気にする傾向にあるから。

 

例えば…

  • 定時に帰宅せずに残業をする事で、「真面目で仕事熱心な人」と思われたい。
  • 定時に帰ったりなんかしたら、周りへの印象が悪い。
  • 皆が残業しているのに先に帰ったら協調性が無い人だと思われる。

 

このような「周りからの評価」を気にする気持ちが残業せざるを得ない環境を作り出していると思います。

 

Untitled_Fotor

 

反対に海外では、もちろん自分の意思を優先しがちな事も事実ですが、そもそも残業に対する人々の考えが日本とは大きく異なります。

海外で残業がどの様に捉えられているのか見ていきましょう。

 

 

残業をする人=要領の悪い人

 

日本では定時を過ぎても会社に残って残業している人を、真面目で仕事熱心だと捉えがちですよね。

 


アイツは残業進んでたくさんして偉いな〜

 

でも海外では真逆!

残業をしている人=要領の悪い人と捉えます。

皆平等に与えられた8時間という限られた時間のうちに与えられた仕事・やるべき事を終わらせることが出来なかったという事実ばかりに目が行くので、仕事効率の悪い人と思われてしまう訳です。

残業をすることで仕事熱心さをアピール出来るどころか、逆に仕事の効率が悪いというネガティブな印象を与てしまうってなったら「残業しないように頑張って働こう!」ってなりますよね。

 

 

おわりに…

 

残業をする人が大半な日本社会の原因は、>残業をしている事を人々がポジティブに捉える風習にあります。

「働き方改革」を進める上で一番効果的な一歩は、人々の残業に対する認識をネガティブなものへと変える事だと私は思います。

少しキツイ言い方ではありますが、「残業をする人=仕事熱心で偉い!」から「残業をする人=仕事の効率が悪い!」という認識に変えられれば良いのです。

Untitled_Fotor.png

 

残業をする事で上司や同僚から悪い印象を受ける風習があったとすれば、皆が一生懸命仕事に取り組み、定時に退社をする様に勤めるはずです。

 

こちらもおすすめ

日本の飲み会文化を外国人はこう思ってる!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。