【 海外の反応】外国人から見た東京と大阪の違い。

1_Fotor.jpg

ヨーロッパ出身の彼が日本に住み始めてから、2年という月日が経ちました。日本といっても彼はずっとの間、東京に住んでいます。

そんな東京しか知らない彼が先日、大阪と京都を旅行で訪れました。そして旅行終盤に彼はこう言いました。

ずっと「東京=日本」と捉えていたけど、大阪を見て今までずっと自分が見ていたのは「日本」では無くて単に「東京」だと気づいた。

 

つまり、東京と大阪の違いがあまりにも大きかった為、彼が東京を基に築いた日本のイメージが大きく覆されたという事です。

彼は大阪の何をとって東京と大きく違うと感じたのでしょうか。彼が始めて訪れた大阪に対する反応を東京と比較しながら語ります。

海外の友達を大阪か東京どっちに連れて行こうか迷っている…そんな方は、是非参考にして頂けたらなと思います。

※全て私と彼の主観に基づいております。これらが全てという訳では無いことをご了承ください。

東京住みの外国人、初めての大阪旅行で気づいた事。

 

.png

ローカルな飲食店が多い

彼が大阪で気に入ったひとつ目のポイントは、ローカルなレストランが多いというものです。

東京ではチェーン店が町中を占め、私たちが普段食事をするレストランの多くがチェーン店です。しかし、大阪ではたくさんの個人営業の飲食店を見かけ、実際にローカルなレストランや屋台での食事を楽しむことが出来ました。

地元ならではの料理を安く食べられると喜んでいました。

知らない人にもフレンドリー

大阪に数日滞在している最中、知らない人に話しかけられるという出来事が数回ありました。

ひとつ例を挙げると、ある駅止まりだった電車に気がつかず乗っていた所、知らないおばさんが笑顔で私達に手招きをして「降りて〜」と誘導してくれたのです。

東京住みの方はお分りいただけると思うのですが、東京では滅多に知らない人に話しかけられるという事がありません。その為、大阪の人が赤の他人の私たちにもフレンドリーに話しかけてきた事に彼は大変驚いていました。

ジョークを使いこなす

私が店員さんと会話をしている姿を見た彼は、大阪での方が店員さんとの会話が自然に楽しそうに見えると言いました。

それもそのはず、大阪の店員さんはお客さんに普通にジョークをかましてきます。彼に店員さんが面白いジョークを言ってくるよと伝えると、東京ではあんまり見ない光景だねと言われました。

街全体が東京ほど忙しくない

彼曰く東京23区と比べて、大阪の街全体が落ち着いて見えるそうです。東京と比べて高層ビルが少なく、空いている印象を受けたようです。

食べ物がとにかく美味しい!

3_Fotor.jpg

これは文句なしに、彼が一番気に入ったポイントです。大阪の食べ物が美味し過ぎてつい食べ過ぎてしまいました。

もともとたこ焼きやお好み焼きは外国人に高い人気を誇っています。彼もそのうちのひとりで粉物が大好きです。そんな彼にとって、たこ焼きとお好み焼きの本場の地である大阪は食べ物の天国だったようです。

たこ焼きのレストランや屋台が町中にあり、様々な種類が東京よりも比較的安く食べられるという事で彼は大喜びでした。

東京よりもカジュアル?

東京と比べて、大阪の人は服装や持ち物を含め全体的にカジュアルだと彼は言いました。

東京ではオシャレや髪型にすごく気を使ってそうな女子、そして男子をたくさん見かけるけれど、大阪の若者は比較的カジュアルな服装をしている印象を受けたようです。

これは悪い意味では無く、カジュアルに着こなした若者を見て彼は「母国を思い出す」と言って喜んでいました。

エスカレーターの立ち位置に混乱

4_Fotor.jpg

エスカレーターでの立ち位置が東京と大阪では逆な為、東京スタイルにすっかりと慣れた彼は大阪で皆が右側に立っている姿を見てすごく混乱していました。

まとめ

全体的に見て、彼は初めて訪れた大阪を大変気に入りました

彼に大阪のマイナス面も敢えて挙げるように話をしましたが、絞り出して以下の3つ程でした。

  • 電車の券売機が古い
  • 観光スポットが東京と比べて少ない
  • 東京のような厳密なルールが無い

これらは本当にマイナーな点なので無視しても良いくらいだと思っています。

また、屋台が並んでいて、食べ歩きが出来る大阪の街並みは、母国の雰囲気にどことなく似ているそうです。

今回の大阪旅行は日本で東京しか訪れたことの無かった彼にとって、「東京」が日本の全てでは無いことを改めて学ぶ良い機会だったと思います。

コメントを残す