日本に住む外国人の国籍ランキング。

_Fotor

 

日本に住んでいる外国籍の人は何人が多いのだろう?とふと疑問に感じた事はありますか。法務省により公表されている2017年のデータを基に、日本に住んでいる外国人の国籍をランキング形式にしてお届けします。

関連記事>>外国人が日本の人口を占める割合が意外すぎて驚き!

1.中国人 (71万1千人)

2_Fotor.jpg

日本に住んでいる外国人を国籍別に見た時に、ダントツで多いのが中国人です。

71万人と聞いてもあまりピンと来ないですが、これは日本に在留している外国人の約3割を占めている事になります。日本にいる外国人のうち10人にひとりが中国人だと考えると、その多さがより浮き彫りになります。

2.韓国人 (45万3千人)

3_Fotor.jpg

3.フィリピン人 (25万2千人)

在日フィリピン人の統計で注目しておきたいのが男女比です。全体の7割以上が女性で、フィリピン人男性は3割弱しか居ません。

前々からフィリピン女性を多く見かける印象はありましたが、男女差にこんなにも大きな差があるとは想像していませんでした。

4.ベトナム人 (23万3千人)

4_Fotor.jpg

日本学生支援機構によると、日本に滞在している23万3千人のうち6万1千人が留学生というので驚きです。海外からの留学生のうち、ベトナム人が23パーセントを占めています。

たくさんの人が、日本語学校に通っていたり日本の大学に通って勉強をしています。その為、都内のコンビニ等を訪れるとたくさんのベトナム人がアルバイトをしているのを見かけます。

5.ブラジル人 (18万6千人)

5_Fotor.jpg

6.ネパール人 (7万4千人)

5位のブラジル人と6位のネパール人の差は順位としてはひとつですが、実際の数字には大きな差があることに注目です。ネパール人はブラジル人の半分以下となり、10万人以下となっています。

7.米国人 (5万5千人)

6_Fotor.jpg

7位にして初めて欧米諸国がランクインしました。日本で見かける白人は皆アメリカ人だと思っている人が多いというのは、実際に5万人ものアメリカ人が日本に滞在しているからなのかもしれません。

私の彼はヨーロッパ出身ですが、よくアメリカ人と間違われると言っています。ランニングをしていた時に、どこからか「あ、アメリカ人だ〜」という子供の叫び声が聞こえたという話も聞いたことがあります。

悪気が無いのは百も承知ですが、日本で見かける外国人の国籍を見た目で判断するのは避けた方が良さそうだと感じます。

8.台湾人 (5万4千人)

7_Fotor.jpg

台湾は親日家が多いことで有名ですよね。台湾が8位にランキングしているのは納得です。私の台湾人の友人も、日本が大好きのようで日本を何度も訪れています。

9.タイ人 (4万9千人)

10.ペルー人 (4万8千人)

ペルー共和国は南アメリカ西部に位置しています。南米と聞いて思いつくのは在日ブラジル人でしたので、筆者はペルー人が10位にランクインした事に大変驚きました。

最後に…

日本在住の外国人を国籍別にランキング形式でお届けしました。国籍毎の割合を実際に数字を見てみると新たな発見がたくさんあって面白いですね。

ちなみに、私の彼はギリシャ出身という事で日本にどのくらいギリシャ人がいるのか調べてみたところ、ほんの293人しかいない事が判明致しました。少なすぎて驚きを隠せません。

参照元:法務省【在留外国人統計(旧登録外国人統計)統計表】/2017年データ

コメントを残す