外国人には通用しない、日本の恋愛テクニック。【出会い編】

1_Fotor.jpg

国と文化が違うだけで、異性から求められる事やモテる条件が大きく異なります。これは外見から性格まで幅広い範囲に渡って言える事で、モテる為の恋愛テクニックも同じです。

男女が出会う場においての恋愛テクニックは山ほど存在しますが、その中で『文化の違い』が如実に表れているなと感じるものを2つ解説していきます。

※私の個人的な観察と意見に基づいております。これらが絶対ではないという事を十分にご了承ください。

出会い編

合コンさしすせそ

 

男性を上手く立てる為に必要な5つのフレーズの頭文字をとって「合コンさしすせそ」というものが日本社会には存在します。

  1. 『さ』→流石です。
  2. 『し』→知らなかったです。
  3. 『す』→すごいですね。
  4. 『せ』→センス良いですね。
  5. 『そ』→そうなんですか!

そんな『合コンさしすせそ』と謳われるモテテクニックが世の中に広まる程、日本では男性を立てる事の出来る女性はモテるという考えが定着しているのだと感じます。

しかし、この『さしすせそ』を英訳してみると単にランダムに選ばれたフレーズ5つにしか思えませんし、「で?」という気分になります。この5つのフレーズを繰り返し言っていても、相手に好感を持ってもらう事は不可能だと思います。

日本では、男性が話している時に対等の立場に立って自分の意見をガンガン言うタイプの女性は敬遠されてしまう傾向にあります。「でも私はこうだと思う。」なんて自分の意見を強く押したりしたら、嫌がる男性が多いと思います。

しかし、海外では全く逆の現象が見受けられます。男女の会話において、「〇〇についてあなたはどう思う?」と意見を問われる事が多々あります。

そして、そんな機会に自分の意見を主張する事が出来ず、「分からない。」や「あなたに賛成。」という態度を取っていると、「意見を持っていないつまらない人だな。」と思われてしまうのです。

2_Fotor.jpg

私は外国人の男性とお話をしていた時に、「〇〇についてあなたの意見を聞かせて。」と自分の意見を問われる事が多く、自分の意見をしっかりと主張できなかった自分に嫌気がさした経験があります。ですが、意見をしっかりと主張できた時には相手がより自分の内面に興味を持ってくれている事が分かりました。

外国人の方とお付き合いをしていく上で、「自分の意見をしっかりと主張できる事」は大変重要です。そこが日本での男女関係の築き方と大きく違うと感じます。

ふわふわ天然キャラ

 

ふわふわ天然キャラの女性が人気があるのは、男性を『俺でも狙えるかも』っていう気にさせてしまうから。

以前男性がこんな事を言っていて私は面白いなと思いました。この発言は、日本の男女が出会う場を的確に表現していると感じました。以前から天然キャラの女性がモテる事に疑問を感じていましたが、これを聞いて完全に納得しました。

ヨーロッパ出身の彼と日本とヨーロッパでモテる女性のタイプを考えてみた。という記事においても、日本とヨーロッパで男性が魅力的と感じる女性の特徴について語りましたが、日本では純真無垢でおしとやかな女性が人気がある傾向に対して、ヨーロッパではセクシーで知的な女性が人気です。

ふわふわ天然キャラが人気なのはひょっとしたら日本だけなのかもしれません。

最後に…

 

『文化の違い』が見え隠れしていると感じた恋愛テクニックについてお届けしました。文化と国が違うと相手に好印象を与える為に必要となってくる事が大きく異なります。

次の記事>>外国人には通用しない。日本の恋愛テクニック【交際編】

コメントを残す