「英語力」が注目されている今、皆が英語を話せる必要は無いと思う理由。

1_Fotor.jpg

2020年にオリンピックを控えている事もあり、益々「英語力」に注目が集まっていると感じます。日常生活を送る上で「英語が話せたら便利だな。」や「英語を話せるようになりたいな。」と思う機会も増えているのかもしれません。

しかし、ここで立ち止まってよく考えてみて下さい。「グローバル化」が謳われている今の世の中、英語を学びたいという気持ちを差し置いて、まるで日本人全員が英語を喋れないといけないような気分になっていませんか

gahag-0083857001-1

「日本人皆が英語を話せる必要はあるのか」という問いに対して、個人が信じている事はそれぞれ異なるでしょう。

また、正解は無い質問ですのでこれが正しくてあれは間違いだと断言できるものでもありません。私はこの質問に対する意見を数年前から持っています。

当記事では、そんな私なりの見解をシェアしたいと思います。※コメント欄にて、是非あなたの意見もお聞かせください。

icon

日本人が皆、英語を話せる必要はない。

得意不得意や好き嫌いがあるのは当たり前。

わたしは英語が好きじゃ無いし、話せるようになりたいと思わない。

英語ではなくて何か違う事を極めたい。

という意見があって私は良いと思います。人それぞれ得意不得意があり、好き嫌いがあるのは至って普通の事ですよね。

数学が得意な人もいれば、苦手な人もいます。運動が好きな人もいれば、嫌いな人もいます。英語もそのうちの1つに過ぎないと私は思います。

言語学習が好きで得意な人もいれば、興味もなく苦手な人もいるのです。今の時代の流れで、たまたま英語が注目されているというだけで、それ以上でもそれ以下でもありません。
Untitled

好きこそものの上手なれ。

言語学習が得意な人と苦手な人、好きな人と嫌いな人の間にははっきり言って大きな差があります。

そこを無視して全員に英語の学習を強制するのには少し違和感を覚えます。英語に興味が無いのにもかかわらず、英語の勉強を強制されたら苦痛でしかないでしょう。

皆が自分の得意分野と好きな分野を追求できる環境であるべきだと思います。英語が苦手なのであれば、何か自分の得意なことや好きな事を追求した方が効率も良いですし、何よりも本人が楽しんで取り組む事が出来ます。

今の時代で必要とされている英語は、それが得意で好きな人に任せておけば十分なような気がします。実際問題、英語が大好きで勉強している人がたくさん存在しますよね。

もし皆英語が堪能だったら…

もし仮に、日本人全員が英語を話す事が出来たら本当に心から「英語」が好きな人、「英語」を使って活躍したい人はどうなってしまうのかなと疑問に思います。

運動が得意な人がスポーツコーチとして活躍したり、数学が得意な人が数学教師になるのと同じで、英語が得意な人が英語を生かして活躍すれば良いと思いませんか。英語力を日本人全員に求めるのは少し違う気がします。

最後に…

得意不得意と好き嫌いがはっきりと分かれる言語習得であるからこそ、日本人全員が「学ぶか」「学ばないか」という選択肢が自由に与えられるべきだと筆者は思います。

たまたま「英語」に注目が集まっているというだけで、日本人全員が英語を話せなければいけない訳では無いでしょう。

また、英語が好きで勉強をしている人はその「好き」という気持ちを常に忘れず勉強を頑張ってほしいと思っています。「好き」という気持ちがあれば必ず英語は上達します

私自身、長期留学経験はなく、周りの人よりも英語の勉強を早く始めたわけでもありません。しかし、「英語が好き」「英語をしゃべれるようになりたい」という気持ちだけは人一倍強かったおかげで、今では英語を話す事が出来ます。

英語学習における質問やお悩み、お気軽にお申し付けください。その他、ご意見・ご感想もお待ちしております。(匿名で構いません。)

コメントを残す