使い方を間違えると危険。“We need to talk.”が持つその深い意味とは?

1_Fotor

We need to talk.

この言葉が暗示する意味をあなたは知っていますか。

日本語に直訳すると『私たちは話をする必要がある。』となる為、単純に誰かと話をしたい時に使うフレーズだと思うかもしれません。しかし、このフレーズを誰かと単純に話したいなと思った時に使うと相手を混乱させてしまいます

使い方を間違えると大惨事を招きかねないこのフレーズ。その意味と用法を英語を学習している方や、英語で普段パートナーと会話をしている方は知っておくと良いでしょう。当記事において詳しく解説していきます。

特別な意味を持つ英語表現。

 

まず初めに大切なのが、このフレーズを一つの英語表現として理解するという事です。このフレーズを単語毎に考えたり直訳して意味を図ろうとしてはいけません。

例えば、『 a piece of cake』という表現は直訳すれば『一切れのケーキ』となりますが一般的に『楽勝だ/簡単だ』という意味として使われていますよね。

それと同じで、この『We need to talk.』は特別な意味を持った英語表現だという事を理解しましょう。その為『We need to eat.』や『 We need to go.』等の直訳したままの意味を持つ文とは全く異なるという事です。

変形させる事は出来ない。

 

学校では、『need to = have to = must』と教わったかもしれません。大まかに言えば同じ意味を持つ『have to』や『must』ですが、ここでそれらを代わりに使う事は出来ません。

『We need to talk.』は決まり文句ですので、この表現を少しでも変えると意味が変わってしまいます。

『We need to talk.』の意味。

 

この表現は基本的にネガティブな意味を含みます。つまり、この決まり文句が会話に登場すると、人々は何か悪い事を話し合わなければならないのだと悟ります。

例えば、あなたが恋人に対して『Hey, we need to talk.』と言えば恋人は顔を青ざめるでしょう。

何故なら、これは別れ話を切り出す際に使われる決まり文句だからです。この表現の後に続くとして考えられる話の内容はこのようなものです。

  • 最近色々と上手くいってないね…
  • 私たちの関係性、今のままで良いのかな…

もちろん、どのような問題を抱えているかはカップルによります。しかし、この決まり文句はふたりの別れに繋がる重大な問題を話し合う必要があるという事を示唆しているのです。

余談ですが私の彼は、もし勤め先の上司に『We need to talk.』と言われたら、クビを覚悟すると言っていました。この決まり文句の持つパワーは凄まじいですね。

単に話がしたい時はこう言おう。

 

日本語でいう『ちょっと話そうよ。』や『〇〇さんと話してみたい。』というように、ネガティブな意味を含まずに相手に話がしたいと言いたい時はどうしたら良いのでしょうか。

  • Can I talk to you for a minute?
  • Can we talk?

このように話したいという事を表明する事は出来ますが、それでもこれらの表現を使うと何か話さなければならない要件があるように聞こえてしまいます。

単純に相手と会話がしたいのであれば、『話したい!』と伝える必要はありません。会話をそのまま始めるのが最も自然な方法かと思います。

また、何かポジティブな事を伝えたかったり、嬉しい出来事を報告したい場合、私は『I have good news.』と言って会話を始めています。

Point『We need to talk』はネガティブな会話が始まる事を示唆するので気を付けよう。

単純に楽しい話がしたい時は、前置きなく会話を始めるのが自然です。

関連記事>>Not reallyとReally notの違いを分かり易く解説してみた。

関連記事>>【英語を独学で学習している人向け】無料で出来る英語力を確実に伸ばす3つの術。

 

コメントを残す