日本語の母語話者数はなんと世界で第〇位!

1

私たち日本人の母語である日本語。ふと、日本語って他の言語と比べて規模はどのくらい大きいのだろう?と疑問に思った事はありませんか。

私たちがよく第二か国語として学ぶように推奨される英語や中国語と比べて、日本語はどのくらいの影響力を持っているのか気になるところです。

こちらの記事において、世界の言語の母語話者数ランキング〔トップ10〕をお届けし、それについて言語学に興味のある私が考察してみたいと思います。

世界に生きて存在するありとあらゆる言語の研究が、Ethnologue〔エスノローグ〕という団体によって行われています。この団体によって集められたデータを基に、世界の言語の母語話者数ランキングを見ていきましょう。

世界に言語はいくつある?世界の言語ランキングを見ていく前に、絶対に頭に入れておきたい情報が世界に存在する言語の総数です。

言語は常に誕生し絶滅している為、その数を明確にする事は不可能ですが、一般的に世界には6000以上の言語が存在すると言われています。

つまり、ランキングに登場する10個の言語は、6000以上もある言語のうちのトップ10という事になります。

世界の言語【母語話者数ランキング】

1位:中国語〔13億人〕

2位:スペイン語〔4億4千万人〕

3位:英語〔3億8千万人〕

4位:アラビア語〔3億2千万人〕

5位:ヒンディー語〔2億6千万人〕

6位:ベンガル語〔2億4千万人〕

7位:ポルトガル語〔2億2千万人〕

8位:ロシア語〔1億5千万人〕

9位:日本語〔1億3千万人〕

10位:ラフンダー語〔1億2千万人〕

出典:Summary by language size by Ethnologue

驚くべきことに6000以上もある世界の言語のうち、日本語の母語話者数はなんと9位でした。

私達が普段話している日本語は、中国語やスペイン語や英語などの世界でメジャーな言語に引き続き、10位以内にランクインするほど母語話者数が多い言語です。

日本語よりも、フランス語やイタリア語の方が母語話者が多いような印象を受けるかもしれませんが、ヨーロッパのあらゆる言語と比べても、圧倒的に日本語の方が母語話者が多いのです。

例えば私の彼の母国語であるギリシャ語の母語話者数は、約1千200万人です。日本語の母語話者数:1億3千万人と比べてみると大きな差がある事が分かります。

確かに私たちは日本語で必要な情報を得る事が出来ますし、日本語でのエンタメは充実しています。日本語さえ使いこなせば、何一つ不自由なく生活する事が出来ます。

しかし、私の彼はインターネットサーチにて英語を使って検索しています。その理由は、英語を使って検索した方が、より多くの情報を手に入れる事が出来るからです。こ

れは、言語の母語話者数によって得られる情報量が異なる事を表していると感じます。

最後に…

日本語は主に日本でしか話されていない為、少数言語だと思っていた方も多いかもしれません。

筆者自身も、日本語の母語話者数の多さに大変驚きました。6000以上もある言語のうちトップ10にランクインする事を考えると、日本語の規模は大きいと言っても良いと私は思います。

当記事で紹介したランキングは各言語の母語話者数のランキングですので、ノンネイティブスピーカーの総数も合わせた場合、順位は大きく異なります。そちらのランキングと考察につきましては、続編にてお届けする予定です。

合わせて読みたい

関連記事>>「英語力」が注目されている今、皆が英語を話せる必要は無いと思う理由。

 

コメントを残す