日本に住むだけで、外国人は自然に日本語を喋れるようになるのか。

brick-2449728_1920

どの言語を習得するのにも、相当な量の勉強が必要です。

『喋れるようになりたい言語が話されている国に住めば自然に習得出来る』と考える方も多いでしょう。学びたい言語が話されている国に住む事が言語学習に与えるメリットが大きい事は事実です。

しかし、筆者は単に外国に住む事によって、ある言語を魔法のように習得する事は不可能だと信じています。

  • 英語を学びに海外留学へ行ったけどあまり英語が上達しなかった。
  • 海外留学から帰ってきたあの子、あまり英語上達していない。

これらの例は、単に英語が話されている国で生活をする事によって、魔法のように英語が喋れるようになるわけではない事を示しているのではないでしょうか。

言語習得のプロセスや第二言語学習法について大学で学んだ経験もあり、自分自身も言語学習が大好き、そんな少し言語オタクな私の個人的な意見。そして、私の彼と知り合いの外国人の体験談を基に『日本にいる外国人の日本語は上達するのか?』『日本にいる外国人は日本語を喋れるのか?』といった疑問に答えて見たいと思います。あくまでも私の個人的な意見を基にしておりますので、これが絶対ではない事をご理解ください。

在日外国人のリアルな声

 

先日知り合いの外国人が、路面に書かれた『入』の文字を見てこう言いました。

『どうして、ここの入口にはひとって書いてあるんだろう…意味わからない』

そしてなんとも驚きなのがその方はもう日本に来て10年程になるという事実です。そんな彼は日本語を勉強したことは無いらしく、すべて日本に住むことから学んだ日本語の知識に頼っているそうです。

私の彼はと言いますと、日本に来て2年が経過しましたが日本語を流暢に話すことは出来ません。彼は決して日本語を熱心に勉強しているわけではないので納得かもしれません。しかし、日本で2年間過ごした事で彼の日本語が特に上達しなかった事実は、『喋れるようになりたい言語が話されている国に住めば自然に習得出来る』という考えをくつがえしたのではないでしょうか。

たまに知り合いの方から、『2年も日本に居たら日本語喋れるんでしょ?』と聞かれる事があります。しかし、言語習得の現実はそんなに甘くないのです。なぜ日本に住むだけでは日本語があまり上達しないのかという理由に迫っていきます。

日本語が上達しない理由

 

1.在日外国人のコミュニティーが強い

私の彼は日本語が自由に喋れない事で困った際、インターネットで検索します。そうすると、大抵の情報が英語で手に入ります。

例えば、『外国の運転免許を日本の免許に変更する方法。』と英語で調べると、日本で運転免許更新を経験した外国人の体験談やアドバイスなどがたくさん載っているのです。

日本に住んでいる外国人がネットを通してお互いを助け合っているという印象を私は受けました。中には日本に住んでいて驚いた出来事を投稿するフォーラムなども存在していて、読んでいると面白いです。日本に住んでいる外国人はお互いの情報を共有し合っており、在日外国人のコミュニティーは強いなと感じます。

2.日本人のパートナーや友達がいる

 

日本に住んでいる多くの外国人には、英語を話せる日本人のパートナーや友達がいる場合が多いです。何か困った事があれば英語で聞く事が出来ますし、場合によっては通訳をしてもらう事も可能です。このレベルになってくると、日本語を学ぶ必要性を感じなくなると思います。

そうは言っても、上達するする日本語もある?

日本語を頑張って勉強せずには日本語は上達しないと話を展開してきましたが、例外も存在します。日本に住むことで、上達する日本語もあるのです。

例えば、日々の簡単な挨拶やレジでのお決まりのやり取りです。私の彼は、日本語を流暢に話す事は出来ませんが、毎日行くスーパーのレジでの一貫のやり取りは完璧にこなす事が出来ます。あまりの完璧さに、レジの人は彼は日本語をしゃべれると勘違いしてしまいます。そして次のような事が起こるのです。

gjtohjtp

彼は何度も日本語を話せると勘違いされ、とてつもない早口で難しい事を聞かれ、気まずい思いをしたそうです。

このように日常会話レベルの日本語は日本に住むことで上達する事が可能です。ですが、これは日本語の一般的な能力が上達したというよりは、ある状況下におけるやり取りを覚えたという表現の方が近いのではないかと思います。一般的な日本語の能力を上げるには、やはり日本語学習が欠かせないと思います。

最後に…

 

『日本に住んでいる外国人は自然に日本語を喋れるようになるのか』を主題に話を展開してまいりました。この質問に対する筆者の答えは、もうお分かりかと思いますが、『日本に住むだけでは日本語が喋れるようにはならない。』です。※もちろん、日本語を熱心に勉強したり、日本人と日本語で会話をするように日々心掛けている人たちは除きます。

やはり言語習得におきましては、学習【インプット】と、実際にその言語を使う事【アウトプット】の両立と努力が欠かせないと私は思います。あなたはどう思いますか。下のコメント欄にて、是非あなたの声をお聞かせください。
 

コメントを残す