【海外の反応】なぜ日本人は映画のエンドロールを最後まで見るの?

candle-1281245_1920

先日、Culture Talk Blog のツイッターにおいてこんなツイートをしました。

筆者の彼は毎回映画を見に行くたびにこう言います。

『Oh man! Why do Japanese people stay and watch the end credits? 』

映画が終わっても誰一人席を離れずに静かにエンドロールを鑑賞している姿は、彼にとって異様な光景のようです。彼はどう考えてもエンドロールを見る必要性が分からないと首をかしげています。その為、『これ見る必要あるの?つまらないから見たくない』と言っています。

『日本人はエンドロールに書いてある製作者や映画作成に携わった人物の名前を真剣に読んでいるの?』と少しジョーク気味に聞かれた事もあります。彼が日本に来て2年経ち、何度も日本の映画館で映画を見ましたが、この風習に彼は一向に慣れる気配がありません。

実に彼からこのような反応を受けるまで、エンドロールを最後まで見るのはいたって普通だと思っていました。むしろエンドクレジットを見ないでそそくさと退散する人達を見て、疑問に感じていました。

日本人の私たちのとって映画のエンドロールを見る事は当たり前ですが、この現象に対する海外からの反応は熱いです。というのも、海外でエンドロールを見る人はいません。オーストラリアで映画を見た際には、映画本編が終了すると同時に人々は即座に退散していました。そして彼に、『ね?日本人みたいにエンドロール見る人なんていないんだよ~』と言われました。

なぜ日本人はエンドロールを最後まで見るのか。

という疑問が生まれました。今までエンドロールを見る事は当たり前すぎて疑問に思った事すらありませんでした。そこで、どうして日本人は映画のエンドロールを見る風習があるのか私なりに理由を考えてみました。
1.エンドロール上映中は劇場内が暗い

dkgut
海外の映画館では、映画本編が終わりエンドロールが流れ始める瞬間に証明が点灯します。日本では、エンドロールが終わるまで証明が点灯する事はありませんから驚きですよね。劇場内が暗いからという理由で席を立たない人も多いのではないかと思うので、この照明点灯のタイミングが及ぼす影響は大きいと思います。

もし日本の映画館において映画終了と共にライトが点灯したら、あなたはエンドロールを見ないで劇場を立ち去りますか。若しくは、それでもエンドロールを見ますか。是非教えてください。

2.映画のチケットが高い

以前、日本の映画館で外国人が驚く事6選という記事の中においても、日本で映画チケットは海外と比べて非常に高いという事について言及しました。詳しくはそちらの記事を見ていただければと思います。

日本において映画鑑賞代は安いとは言えません。頻繁に映画を見に行く方ももちろんいますが、中には映画を見に行く事を特別に捉えている方もいるでしょう。

しかし、海外で映画チケットは比較的安い傾向にあるので、映画館で映画を見る事の特別感は日本と比べて薄いのではないかと思います。その為、日本では映画本編が終了してもその余韻に浸り楽しむという目的でエンドロールを最後まで見る人が多いと考える事が出来ます。

最後に…

映画館でエンドロールを見るか否かという些細な違いではありますが、日本を訪れた外国人が非常に驚くこの現象をとても興味深い文化の違いと私は捉えました。あなたは日本人がエンドロールを最後まで見る理由は何だと思いますか。

 

コメントを残す