アメリカ人とヨーロッパ人の見分け方について考えてみた。

friends-1209449_1920先日東京都内のカフェで食事をしていた際にこんな事がありました。

  • 私:『ここのお店外国人すごい多いね~』
  • 彼:『そうだね、特にヨーロッパ人が多い』
  • 私:『私も、ヨーロッパ人っぽい見た目の人が多いと思った!』
  • 彼:『うん、特にあの二人組はスウェーデン出身だと思うよ。』
  • 私:『そこまで分かるの?』

ヨーロッパ出身である彼は、いとも簡単に日本にいる外国人がどこ出身なのか予測する事が出来るという事を発見しました。アメリカ人とヨーロッパ人を見分ける事は比較的容易だそうです。また、100パーセントの確率ではありませんがどこの国出身か予測する事も出来ます。

日本人が同じアジア圏出身の人たちの国籍を比較的容易に判別できるように、白人同士は彼らの国籍を見分ける事が出来るのです。

これを面白いと思った筆者は、彼と一緒にアメリカ人とヨーロッパ人の見分け方について考えてみました。

1.服装

アメリカ人の多くはよりシンプルな服装をしている印象を受けます。Tシャツにスキニージーンズといったシンプルな服装をしている人が多く、またスポーツブランド等のカジュアルルックが人気です。それと反対に、ヨーロッパ人はヒップスタースタイルをしている人が多いと私は感じます。ヒップスタースタイルとは、レトロチックでおしゃれなファッションを指します。ヒップスターファッションがどのようなものか気になる方は、こちらをクリックしてチェックしてみてください。

2.ひげ

Untitled

これはもちろんヨーロッパ内でも国によって大きく異なります。しかし、ひげを生やした人の多くが、アメリカではなくヨーロッパ出身である確率が高い印象を受けます。私の彼の出身国であるギリシャでは、ほとんどの男性がひげを生やしています。ひげを毎日剃る習慣のある人の方が少数派だそうです。

3.そうは言ってもやっぱり直感!

彼が日本にいる外国人がアメリカ人かヨーロッパ人か見分ける際に、最終的に一番強いのが彼の直感だと思っています。彼にどうやって見分けているのか聞いてみましたが、彼自身あまりよく分かっていませんでした。彼曰く、彼らの国籍はなんとなく見分けがつくそうです。言葉では説明する事の出来ない直感がそこには存在しています。

直感は見分け方のうちに入らないとがっかりするかもしれません。しかし、もう一度よく考えてみて下さい。もしあなたが中国人と韓国人と日本人の見分けをどうやって行っているか聞かれたら、その判断基準を明確に答える事はできますか。日本人である私たちにとって同じアジア人の国籍を見分ける事は比較的容易です。しかし、私たちも直感的に彼らの国籍の判別を行っていると私は思います。

海外旅行中にたくさんのアジア人を見かけても、日本人が一人歩いていたら遠くからでも『お、日本人らしい人がいるぞ。』となりますよね。そこに正確な判断基準がある訳ではなく、私たちの直感でなんとなく見分けられるのです。

 4.もう一つの大事な要素

私は人の国籍を判別する時にもう一つ大事な要素があると思います。それは、いかに見慣れているかという事です。

私たちがアジア人を容易に見分ける事が出来るのは、単に私たちが日本人だからではありません。私たちが彼らを判別する事ができるのは、日本人を始めとしたアジア人を普段から見慣れているからです。それと同じで、ヨーロッパ出身の彼は生まれてから白人を始めとした人々の顔・仕草を見る事に慣れているのです。その為、彼にとって白人の国籍の見分けは容易であるという訳です。

日本で暮らしてもう少しで2年になる彼は、アジア人の見分けもつくようになったと言っていました。昔はアジア人が皆一緒に見えたけれど、今となっては簡単に判別できるそうです。この出来事が、いかにあなたが判別する対象を見慣れているかが大切かを示しています。

 最後に…

アメリカ人とヨーロッパ人の見分け方を紹介しましたが、これらは彼と私の個人的な観察を基にした意見です。その為、これらが絶対では無い事をご理解ください。その証拠として、私の彼はヨーロッパ出身ですが、ここで挙げた特徴が全て当てはまる訳ではありません。エンタメとして楽しんでいただければ幸いです。また当記事では、あくまでも見た目に注目して言及しました。彼らが話す言語やアクセント、または性格等は考慮していません事をご理解ください。

コメントを残す