Home その他 日本人も答えられない?外国人の彼が抱いた日本語に対する面白い疑問5選。

日本人も答えられない?外国人の彼が抱いた日本語に対する面白い疑問5選。

by Chisaki

サムネイル3_Fotor.jpg

わたしの彼は日本に来て2年間緩〜く日本語を勉強してきました。

そんな彼は日本語について不思議に思ったことや疑問が芽生えると、「ねえねえ」とわたしに聞いてきてくれます。

彼の日本語に対する疑問は、日本語ネイティブの私からすると無意識の領域過ぎて返答に困ることがほとんどです(笑)

本記事にて、ジワジワと笑いが込み上げてきた&答えにくいと感じた私の彼の日本語に対する面白い疑問を5つまとめてみましたのでお楽しみください!

皆さんならどう返答しますか?

①なんで「お傘」はダメ?

(1).jpg

「お菓子」や「お茶」など、少し丁寧な響きにしたい時に「お」を付けると学んだ彼は、どんな単語でも「お」を付ければ丁寧になると思ったそうで…

_Fotor

わ〜!「お」を付けるだけなんて簡単じゃん!

「ちさき〜、お傘あるよ!」

……

「お傘」の響きが可愛い過ぎてつい笑ってしまいましたが、このままではまずいと思い、「お+傘」は日本語として不自然だと伝えました。

そして難問!

「え、なんでお傘はダメなの?」

改めて考えてみると、「お」を付けて丁寧語として成り立つ単語と成り立たない単語の区別が実は難しいという事に気付いてしまいました。

日本語を母語とする私たちからすると、自然に聞こえるか否かで判断出来ちゃいますが、日本語を外国語として学ぶ人からしたらかなり難しいのではないかと思います。

 

②どうして茶色がブラウン?

(2).jpg

彼が「茶色」を初めて見た時、すっごく嬉しそうにこう言いました。

_Fotor

うわ、分かっちゃった!茶色ってgreenでしょ?

普段から飲み物のパッケージなどで「茶」という漢字を見かけていた彼は、無意識のうちに覚えていて「茶=tea」→「tea = green」っていう発想をしたんだと思います。

もうここまで来ると私も茶色がgreenであって欲しかったと思ってしまいました(笑)せっかくの彼の世紀の大発見も水の泡です。。

多分、茶の実が茶色だから…っていう由来なんだと思いますが、普段から緑色のお茶を飲むことを考えると「茶色=green」の方が日本語学習者からしたら納得がいきますよね(笑)

 

③「私」と「あたし」の違い

(3).jpg

英語では一人称は「I」しかありません。なので、その感覚からすると日本語の第一人称のバリエーションの豊かさの理解に苦しむようです。

_Fotor

「わたし」と「あたし」は何が違うの?

この質問への返答にはすごく苦戦しました(汗)

日本人だったらなんとなく、「わたし」と「あたし」ニュアンスの違いや、どっちを使うかによってその人の醸し出す雰囲気が変わる感覚が理解できると思います。

でもそれを実際に言葉にして説明するとなるととても難しいです。

「私のほうが落ち着いた感じで、あたしはちょっと自己主張が激しい…いや、でも絶対そうとも限らないし…」と説明しようとするともう余計にわけが分からなくなって来ます。

でもとりあえず、彼には「俺」では無くて「僕」を使うように伝えておきました(笑)

 

④「ババア」と「ばあば」どっちがrude?

(4).jpg

彼は「ばあば」と「ばばあ」で混乱している時期がありました。

私が前者の言葉を教えた際に、おばあさんを「ババア」と呼ぶのは失礼だから気を付けるようにと一言添えました。そして、後者は子供たちがおばあちゃんに親しみを込めて呼ぶときに使う言葉である事を教えました。

彼は一生懸命これらの単語を覚えようとしていたのですが、似ている為どっちがどっちだかい忘れてしまってました。

 

⑤年下と年上もいる時は敬語?

(5).jpg

『年上の人と話すときは「敬語」を、年下の人と話すときには「ため口」で話す』という日本語のルールはかろうじて理解している彼ですが、この質問をされた時は返答にだいぶ悩みました。

_Fotor

グループの中に先輩と後輩が両方居たら、敬語?ため口?

日本語の敬語の難しさは日常的な些細な所にも潜んでいるんだな〜と気付かされる体験となりました。
 

おわりに…

日本語学習者の素朴な疑問によって、日本語の母語話者は考えたことすら無かったような日本語の面白さが浮き彫りなるもんだな〜と思います。

これからも彼の日本語学習の過程を暖かい目で楽しみながら見守っていきたいと思います。

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。