【海外の反応】日本人のLINEアイコンの変なところ3つ。

Untitled_Fotor.jpg

どのSNSを使っていても必ず設定が必要となるのがアイコン画像、つまりプロフィール画像です。どのような画像をプロフィール画像として設定するか悩んだ経験が誰しも一度はあると思います。

人々が設定するSNSのプロフィール画像においても、面白いことに日本と海外では文化の違いが存在します。

当記事において幅広いSNSのうち、LINE等のメッセージアプリに限定して話を進めていきます。ちなみに、海外でLINEはあまり一般的に使われていません。海外では、facebookのメッセージアプリやAppleのメッセージなどが日常的に家族や友達と連絡を取り合う手段として使われています。

外国人の反応

スマホに表示されたプロフィール画像
Photo by Alexa Suter on Unsplash

先日、外国人が日本人のSNSのプロフィール画像を見て、興味深い反応を示していました。

.png
外国人

日本人はプロフィール画像に本人の顔写真を使わない。誰が誰だか分かりずらい。

どうして日本人は本人の顔をプロフィール画像として使わないのか、外国人は疑問に思うようです。というのも、<欧米では本人の顔写真をプロフィール画像として使う事は当たり前だそうです。

確かに、メッセージアプリで話す相手は必ず自分の顔を知っていますし、身元を隠しているわけではないのだから顔写真を使うのはいたって普通だと考える事も可能ですね。

私の彼が言っていたのですが、自分の顔写真をSNSのアイコンとして設定する事は、自分の名前を設定するくらい当たり前の感覚だそうです。

プロフィール画像に自分の顔写真を設定する事が当たり前の彼らにとって日本人が顔写真を設定しない事が不思議に映るのも納得です。

一体どの様なアイコン画像をもって変だと思われているのでしょうか。実際に多くの日本人がプロフィール画像として使っている写真のパターンを見ていきましょう。

※私個人の経験と観察を基にしておりますので、これが絶対という事ではない事をご理解ください。

①プリクラや顔を加工できるアプリで撮った写真

IMG_1349_Fotor.jpg
Photo by Omar Lopez on Unsplash

日本人の中には顔写真を設定している人もいます。

そんな顔写真アイコンとして目立つのが、プリクラや画像加工アプリを使った自撮りです。自分が一番よく映っている写真を使うのは当たり前のことですが、中には少しやりすぎな写真も目立ちます。

デカ目効果と小顔効果が効いたプリクラ画像を見た外国人は「怖い」と感じています。また、プリクラ画像と実際の顔が別人だという海外からの反応も目立ちます。

プロフィール画像と実際の顔の差があまりにも大きくて驚いたという経験をした外国人も多いようです。

②友達とのツーショットの写真

一人で映っている写真は少し恥ずかしいという思いから、友達と一緒に写っている写真をプロフィール画像に設定する事はよくある事です。

しかし、このツーショットのプロフィール画像に外国人は困惑してしまうようです。

.png
外国人

ツーショットの写真がアイコンだと、どっちが本人だか分からない

③自分とは全く関係のない写真

自分自身とはあまり関係のない写真をプロフィール画像として設定している人が大多数を占めていると感じます。

例えばこんな写真…

  • 好きなアニメのキャラクター
  • お花
  • ペット
  • 有名人
  • 景色

例を挙げていけばきりがないのでここまでにしますが、自分自身と関係のない写真をアイコンとして使っている人の多さを改めて実感しました。

「本当にそうか?」と疑問に思う方は、是非ラインの友達のプロフィール画像をチェックして見てください。

最後に…

日本人がなんで自分の顔写真をプロフィール画像として設定しないの?と聞かれたら、

2
日本人

自分の顔に自信があると思われたくないから。

この理由をヨーロッパ出身の彼に伝えた所、「そう言っている人は本当に自分の顔が嫌いなの?」と疑っていました。

要するに、「自分の顔に自信がないから、自分の顔写真を載せたくない」というのなら理解できるが、他の人に自信があると思われたくないからというのは全く理解できないそうです。何故なら、自分の顔をプロフィール画像として使う事と自分の顔に自信がある事は全く関係ないからです。

関連記事>>【海外の反応】外国人が理解できない日本人のインスタ投稿5つ。

コメントを残す