【海外の反応】日本人のLINEアイコンの変なところ3つ。

gahag-0077061130-1

どのSNSを使っていても必ず設定が必要となるのがアイコン画像、つまりプロフィール画像です。どのような画像をプロフィール画像として設定するか悩んだ事があると思います。

人々が設定するSNSのプロフィール画像において、日本と海外では文化の違いが存在します。

当記事において幅広いSNSのうち、LINE等のメッセージアプリに限定して話を進めていきます。ちなみに、海外でLINEはあまり一般的に使われていません。海外では、facebookのメッセージアプリなどが日常的に家族や友達と連絡を取り合う手段として使われています。


先日、外国人が日本人のSNSのプロフィール画像を見て、興味深い反応を示していました。

「日本人はプロフィール画像に本人の顔写真を使わない。誰が誰だか分かりずらい。」

彼曰く、欧米では本人の顔をプロフィール画像として使う事は当たり前だそうです。

確かに、メッセージアプリで話す相手は必ず自分の顔を知っていますし、身元を隠しているわけではないのだから顔写真を使うのはいたって普通だと考える事も出来ます。

あくまでも私の推測ですが、彼らにとって自分の顔写真をSNSのアイコンとして設定する事は、自分の名前を設定するくらいの感覚なのだと思います。

そのような感覚の彼らにとって、日本人が顔写真をプロフィール画像として設定しない事は不思議に映るようです。

どの様なアイコン画像が変だと思われているのか見ていきましょう。※私個人の経験と観察を基にしておりますので、これが絶対という事ではない事をご理解ください。

1.プリクラや顔を加工できるアプリで撮った写真

日本人で自分の顔写真をアイコン画像として設定する人が割合的に少ないのは事実です。しかし、そうは言っても中には顔写真を設定している人もいます。

顔写真アイコンとして目立つのが、プリクラや画像加工アプリを使った自撮りです。自分が一番よく映っている写真を使うのは当たり前のことですが、中には少しやりすぎな写真も見受けられます。

 

デカ目効果と小顔効果が効いたプリクラ画像を見た外国人は「怖い」と感じています。また、プリクラ画像と実際の顔が別人だという海外からの反応も目立ちます。

2.友達とのツーショットの写真

一人で映っている写真は少し恥ずかしいという思いから、友達と一緒に写っている写真をプロフィール画像に設定する事はよくある事です。しかし、このツーショットのプロフィール画像に外国人は困惑しています。それは、「どっちが本人だか分からない」といった反応です。

3.自分とは全く関係のない写真

そして最後に、ほとんどの人が自分の顔とは全く関係のない写真を使っています。私がよく見かけるアイコン画像として次のようなものがあります。画像にまとめてみました。

img_0039

画像を作成してあまりにもリアルすぎてびっくりしました。本当にこのような画像をアイコンにしている人が多のではないかと思います。

最後に…

 

日本人が本人の顔写真をプロフィール画像として設定しない理由として、「自分の顔に自信があると思われたくない」とい考えが挙げられます。
これをヨーロッパ出身の彼に伝えた所、「そう言っている人は本当に自分の顔が嫌いなの?」と言っていました。

自分の顔に自信がないから、自分の顔写真を載せたくない」というのなら理解できるが、他の人に自信があると思われたくない理由が全く分からないそうです。何故なら、自分の顔をプロフィール画像として使う事と自分の顔に自信がある事は全く関係ないからです。

あなたはどう思いますか。最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す