日本に対する外国人の想像と現実のギャップ3選。

gahag-0023689544-1

誰もが初めての国を訪れる際、自分の見聞きした情報を元に、その国の雰囲気を想像し、期待を膨らませると思います。そして多くの場合、良い意味・悪い意味で期待を裏切られ、想像もしなかったようなものと出会いが待ち受けています。このような実際にその国を訪れてみないと分からない発見こそが、海外旅行の醍醐味ではないでしょうか。

外国人は想像と期待をふくらませて、日本を訪れます。日本に対してどのような想像をするかは人それぞれですが、彼らが持っている日本のイメージの多くは、海外メディアで取り上げられた日本の姿や、日本のアニメ・漫画に影響されていると感じます。その為、多くの場合彼らの想像する日本の姿と現実には大きなギャップが存在しています

たくさんの外国人が実際に日本を訪れて、「想像していたのと違う!」という経験をします。そんな外国人が日本で出くわす想像と現実のギャップを、私の個人的な経験と観察を基に3つ紹介していきます。

1.意外にハイテクじゃない

smart-home-3148026_1920

海外では「日本 = ザ!ハイテク」というイメージが定着しています。海外では、日本の最先端テク商品が報道されて話題になる事が多く、彼らは「日本という国は、さぞかしハイテクなのだろう。」と期待を膨らませるのです。しかし、彼らが目にする日本の最先端技術は、実際には日本でも一般的には使用されていなかったり、日本人でも知らないものだったりする場合が多いのです。

私がアメリカに短期留学をしていた時に、ホストファミリーの5歳の女の子が私に日本のトイレについてのエンターテイメントショーの様なものを見せてくれたのを覚えています。「日本のトイレは本当にしゃべるの?」「トイレについているたくさんのボタンは何?」など、興味津々に聞いてきました。その映像の中での日本のトイレはすごく誇張されており、日本人の私でも見た事のないようなハイテクさでした。その女の子は、日本では当たり前のようにスーパーハイテクなトイレが使われていると信じていました。

このように、日本のハイテクさが必要以上に誇張された情報が海外では出回っている為、外国人は日本が本当にハイテクだと信じ込んでしまうのでしょう。確かに日本のトイレは海外のものと比べれば断然優れており、ウォッシュレットを始めとした便利な機能がたくさんあります。しかし、あまりにも誇張された日本のハイテクトイレを想像していた彼らにとっては物足りないなんて事があるようです。

また、日本では当たり前のように使われていても、外国人から見ると「どうしてそんな古いものをまだ日本では使っているんだ」と驚くものがたくさん存在します。

  • ファックスマシーン
  • CD
  • DVD

これらは今でも日本で一般的に普及していますが、諸外国ではすべてデジタル化されているという事があります。(例外の国もあります)

ファックスマシーンではなく、電子メールにて書類を送るのが当たり前です。CDやDVDに関しては、ネットフリックスやアイチューンズが登場してからは、需要がなくなり衰退しています。そのような、外国ではもう古いと考えられているものが、日本ではいまだに使われている光景を目にした彼らは、「日本は思っていたよりもハイテクじゃない」と思うのです。

2.変わったファッションをあまり見かけない

 

日本のファッションと聞いて、外国人の多くは原宿ファッションやロリータファッションを思い浮かべます。そして、海外に住んでいる彼らは、日本人が日常的にそのようなファッションをしていると信じています。

実際は、この類のファッションをしている人を見かけると、日本人でもつい注目してしまうほどの珍しさですが、海外ではそのような事実は知られていません。その為、日本では奇抜なカワイイファッションやロリータファッションが主流だと思って日本にやってきた外国人は、日本人のほとんどが至って普通の格好をしている事に驚きます。

私は、街中でそのようなファッションをしている外国人を見かけると、「日本ではそのファッションが主流だと思っていたのかもしれない」と思ってしまいます。

3.伝統的な建物があまりない

 

日本の伝統的な建物が好きで、それを見たさに日本を訪れる外国人は多いです。しかし、古い建物や家の多くは、取り壊され再建されている為、実際に街中で伝統的な家屋あまり見かける事はできません。小江戸のような街並みを想像している人が多いため、実際の現代的な日本の街並みをみて驚きを隠せません。日本の伝統的な建物が美しくて好きという外国の方はたくさんがいるので、是非由緒ある伝統的な建物を残しておきたいものです。

まとめ

外国人が抱いている日本のイメージは、現実離れしているという事が実は多いという事を伝えたくてこの記事を書きました。「百聞は一見に如かず」というのはまさにこの事だと思います。

コメントを残す