外国人なら誰でもいい? 【外人ハンター】とは。

fsdfvdzrgsth

【外人ハンター】という言葉を耳にした事はありますか?

名前からおおよその意味を推測する事が出来るかと思いますが、一般的にあまり知られていない言葉のように感じます。国際交流の場や、日本に詳しい外国人との間に限り広まっているものなのかもしれません。

グローバル化が進んでいる今の日本で誕生した、比較的新しい言葉のようです。従って、外人ハンターは単語として特に正式に定義付けされておらず、意味も曖昧に捉えられがちです。

そこで、当記事において私自身の経験と知識をもとにしてこの【外人ハンター】を解説していきたいと思います。

外人ハンターの定義

まず初めに、外人ハンターをざっくり定義付けすると、誰でもいいから外国人とお付き合いをしたい・外国人の彼氏/彼女が欲しい日本人となります。

ですが、このシンプルな定義だと、国際恋愛をしている全ての人が外人ハンターなのか?という間違った考えが生まれてしまいます。ですので、外人なら誰でもいいからお付き合いをしたいと思っている外人ハンターと、単純に国際恋愛をしている人との間で正しい線引きが出来るように、詳しく説明します。

外人ハンターの特徴

gahag-0115896098-1

1.外国籍と見た目だけが基準

彼らは恋人を探す際に、外国人であることを最優先する傾向にあります。異国の雰囲気を醸し出す外国人で、見た目が良ければ誰でも良いからお付き合いがしたいと思っている人が多いです。

また、彼らの中には外国人であれば誰でもかっこいいと思っている人もいます。ですので、海外では全くモテる事がなかった外国人が日本に来た瞬間にモテモテという体験談も多く耳にします。彼らは外人ハンターに狙われていたのかもしれません。

2.真剣なお付き合いは望んでいない

日本で出会う外国人には日本に仕事や学校の関係で短期滞在をしているという方が多くいます。そのような事をお構いなしに、外人ハンターは外国人にアタックします。後先をあまり考える事なく、「とりあえずかっこいい/可愛い外国人の恋人が欲しい!」という気持ちを最優先します。

3.とっかえひっかえに外国人の恋人を作る

2で紹介したように、日本に短期滞在している外国人は、時期が来れば国へ帰らざるをえません。真剣な交際にあまり興味のない彼らは、お付き合いしている外国人が日本を去ってしまったら、また新たな外国人の恋人を作ります。

【外国人の恋人を作る➡その恋人が日本を去る➡新たな外国人の恋人を作る】というこのプロセスは、外人ハンター達の(誰でもいいから外国人の恋人が欲しい)という願望を顕著に表しています。あなたの周りに常に異なる外国人とお付き合いをしている人がいたら、外人ハンターである可能性が高いです。

4.外国語を上達させる手段として恋人を作る

thought-catalog-547114-unsplash_Fotor.jpg
Photo by Thought Catalog on Unsplash

外人ハンターの中には、英語を練習したい為に英語のネイティブスピーカーと付き合いたいと思っているタイプもいます。英語を話すパートナーとお付き合いをして英語力が伸びるのは確かですが、語学力を磨きたいというモチベーションで恋人を探すのは、恋人を利用しているようにも捉えられます。

実際に、私の彼も「英語を教えてほしいから外国人の彼氏が欲しい」と言っていた日本人と出会った事があるそうです。彼は、自分を英語を教えてくれる人として利用されているという不愉快な気分になるから、こういう発言は不適切だと言っていました。

確かに、外国人が「日本語を教えてもらいたいからあなたと付き合いたい」と言ってきたら嫌な気分になりますよね。

外国人からの反応

外国人の中で「外人ハンター」の存在を認知している割合は決して多くありません。しかし、日本にこのような外人ハンターが存在する事を知った海外の人の多くは、国籍や母国語を基準に人を判断したり、恋人を探したりするのは良くないと思っています。外見やステータスでなくもっと中身を見て恋をして欲しいという声も上がっています。

筆者の意見・まとめ

外人ハンターは、全ての外国人を一括りにして恋愛対象にしている傾向にあります。しかし、日本人の私達ひとりひとり性格や考え方が異なるように、外国人と一括りにした所で、彼らは出身地から考え方まで人それぞれということを忘れずにいたいところです。

関連記事>>外人ハンターの真逆?【イエローフィーバー】とは。

2 Comments »

  1. 結構面白いトピックばかりで読ませていただいてますが、誤字脱字が激しいので残念です。一度投稿する前や投稿後も読み返されてはいかがですか?

    • コメント、そしてアドバイスありがとうございます。今後、もっと責任感を持ってきちんと添削してから記事をあげるように致します。

コメントを残す