【留学あるある】海外かぶれした日本人の特徴5つ。

_Fotor

留学へ行く前は典型的な日本人だった。しかし、短期留学にて海外に影響され海外かぶれして日本へ帰って来た。

そんな人に誰しも一度は関わったことがあるかと思います。そのような人に対してどう思うかはもちろん個人の自由です。

しかし、彼らの海外かぶれアピールが度を越えている場合、私は正直に言って引いてしまう事があります。

海外留学中の人が日本にいる私たちに向けて、SNSを通して気軽に発信できる時代だからこそ、海外かぶれの特徴が顕著に表れやすくなっていると私は思います。

それでは私が日常生活を送っている上で発見した海外かぶれの特徴を、留学中に見受けられる特徴と帰国後に見受けられる特徴を2つ分けて紹介していきます。

※これらの特徴は、すべて私個人の経験と考えに基づいたものですので、楽しむ程度に参考にしていただければ幸いです。

【海外留学中】の海外かぶれ

英語を使って勉強している姿をSNSで頻繁にあげる。

留学しているのだから、英語を使って勉強をしている事が当たり前のことです。

むしろ、英語を日常的に使う為に海外留学をしているのです。

ですが、そんな留学中の彼らの中には英語でかかれた教科書・ノートの写真を撮ってSNSで頻繁に公開するような人がいます。

彼らが勉強している内容を友達に知らせる為としてなら分かりますが、彼らは毎日のようにそのような写真をあげています。

「私は英語を使って勉強をしているの」と周りに知らせたいのだと思いますが、あまりに頻繁にこんな投稿を見かけるとうんざりしませんか。

日本語を忘れたアピールをする。

私が思うにこれは、英語を使って勉強している姿をSNSで頻繁にあげる。の進化系です。

どういう事かといいますと、彼らはその国での滞在が長くなってくると英語を使って勉強をしている事のアピールでは物足りなくなってきます。

英語を使いこなしている事自体のアピールには飽きてしまうとも言えます。

そこで彼らは、この日本語を忘れたアピールを取り入れてくるのです。つまり、母語である日本語を忘れてしまう程、英語を使っているというアピールですね。

私が実際に見かけたこの日本語を忘れたアピールの例を見ていきましょう。

1.日本語の本の写真を撮って、「日本語を読む練習もしなきゃ」と書きSNSに投稿。
2.日本語使わないから忘れたと書いたそのSNS投稿が、ルー大柴状態になっている。

でも本当にそうでしょうか。20歳の時に留学をしたとします。彼らは、母語である日本語を20年間使い続けていたのです。

人間がそう簡単に母語を忘れる事はありません。子供のころから慣れ親しんでいる言語を、少しの間留学をしただけで忘れてしまうなんて事はありません。

【帰国後】の海外かぶれあるある

留学していた国に戻りたいと言う。

彼らは短期留学をしていた国の事を、まるで彼らの故郷のように扱う傾向があります。

例えば、アメリカに半年間留学をしていた人がいるとします。

「アメリカ留学楽しかったな。またアメリカに行きたい」と言えば良いところを、「アメリカに戻りたい」と言うのは、典型的な帰国後の海外かぶれの特徴です。

彼らの故郷は間違いなく日本なのだから、「日本に戻る・海外へ行く」という表現が適切だと思ってしまいます。

留学していた国と日本を比べる。

  • 日本と違って、向こうで私たちはこうするんだ。
  • これってすごく日本人だよね!

この様な発言が典型例です。彼らも日本人であるのに、あたかも彼らが海外出身であるかのように日本と海外を比べる傾向にあります。

単純に文化の違いを語るのは楽しいですが、海外と比べて日本を見下す発言ばかりするのは良くないと思います。

日本語で話している時の英単語の発音。

日本語で話しているのにもかかわらず、バリバリの英語発音で英単語を混ぜ込んでくる人、あなたの周りにもいませんか。

彼らはその単語の日本語発音を忘れてしまった訳でもなく、日本語風に発音できないわけでもありません。単純に、英語が出来るアピールだと私は思っています。

私がそう思っている根拠を紹介します。

私は、アメリカ育ちの日本人のユーチューバーの動画が好きで見ています。

彼はアメリカで育っているので、もちろん英語のネイティブスピーカーです。それと同時に彼は、日本語のネイティブスピーカーでもあります。

彼は驚くほど綺麗な日本語を話していますし、日本語で話している時は英単語も日本語発音で言っています。

彼のビデオを見ていて、きちんと日本語と英語を話せる人ほど2つの言語が頭の中で混ざりあったり、片方の言語を忘れるなんてことはないのだと私は痛感しました。

まとめ

いかがでしたか。海外かぶれをした人は様々な方法で彼らの英語力や外国人風の生活ぶりを表してきます。

本当に多言語を操り、充実した海外生活を送っている人に限ってSNS上でのアピールが少ないと私は感じます。あくまでも私の意見に過ぎませんが、あなたはどう思いますか?是非お聞かせください。

 

2 Comments »

コメントを残す