外国人は雨が降っていても傘をささない?

日本ではこまめに天気予報をチェックし、雨予報であれば傘を持ち歩き、雨が降れば皆傘を広げます。日本では当たり前のこんな光景も海外目線から見ると実は驚きなのです雨の日にたくさんの人が傘をさして街中を歩いている光景がいかに外国人にとって当たり前の光景でないかを私の短期留学の実体験とヨーロッパ出身の彼の体験談を基に紹介します。

「雨が降っているのだから傘をさすのは当たり前だろう」と思う方がほとんどだと思います。私も海外で雨の日の人々の様子を実際に自分の目で見るまではそう思っていましたし。むしろ、雨の日に傘をさすという日本では当たり前の行為について深く考える事すら普通は無いでしょう。

私が大学1年生の夏にイギリスへ短期留学をした時の話です。知っている人も多いと思いますがイギリスは一年を通して降水量が多く雨の日が多いです。ある日、ショッピング街へ買い物に出かけた所、突然激しく雨が降ってきました。私は天気予報をチェックしておらず、傘を持っていなかったのでお店の中で雨宿りをしていました。

あたりを見渡すと、日本では見た事の無いほどのたくさんの人が雨宿りをしていたのです。傘を持っていた人は本当に数人で、そこにいた人々は雨宿りをしているか、傘をささずに外を歩いているかでした。「どうしてこんなにもたくさん雨が降る国なのに、皆傘を持ち歩いていないのか。」私はその光景が不思議で仕方ありませんでした。

日本であれば間違いなく、大多数の人が折り畳み傘を持ち歩いています。突然雨が降り出した時でも沢山の人が雨宿りをしている光景を見かける事はありません。なぜだかは分からないのですが、海外では傘の必要性の認知が欠けているように思われます。土砂降りの雨の中、傘なしで外を歩いている人を見かける事は日本ではありません。しかし、海外では雨の中、びしょ濡れになっているのにも関わらず、気にせず外を歩いている人をたくさん見かけます。日本人の私たちにとって、何とも理解しがたい不思議な光景です。

また、ヨーロッパ出身である私の彼の傘に関する発言にも注目です。 彼は日本に来るまでは一度も傘を買ったこともなければ、使ったこともなかったと言っていました。雨が降ったら、来ている服のフードを被れば大丈夫だそうです。これは彼だけでなく彼の周りの人も同じだそうです。日本に来た彼は、小雨でもたくさんの人が傘を使っている事にとても驚いていました

余談ですが、特に夏に女性の間で人気のある日傘も、海外ではめったに目にする事のないアイテムです。日焼け対策をそこまで入念にしている人がそもそも日本と比べて少なく、街で腫れている日に日傘をさして歩いている人をほとんど見かける事はありません。

まとめ

日本で当たり前の光景も、海外から日本へやってきた人達は驚いたり不思議に思ったりするのです。そんな日本の当たり前への外国人の反応についての関連記事も是非一緒に読んでみて下さい。

《海外の反応》年収を基準に彼氏を探す事は海外で通用しない。

荷物を置いて席取りは日本でしかできない?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中