【海外の反応】血液型で性格や相性を診断するのはナンセンス?

血液型占いや血液型診断は日本で大変人気があります。血液型で性格を4つのタイプに分類したり、相性を決めたりしたこと、皆一度は経験あると思います。「A型の人は几帳面だ 」「AB型の人は変わっている」というステレオタイプは多くの人に浸透しており、占いというよりもむしろ、血液型を基準にしたこれらの発言は周知の事実として扱われる程です。ですが、この血液型にまつわる事実は海外基準から見ると普通ではないようです。

当ブログにおいてこれまでもたくさんの日本と海外の違いを紹介してきました。

この3つの記事のタイトルからもご覧いただける通り、日本では当たり前として扱われている考え方や行動が、一歩日本を出ると全く通用しないという事があるのです。血液型にこだわる日本の風習も海外では通用しない事の一つです。

blood-1968458_1280

まず初めに、海外では血液型を気にする風習がありません。他人の血液型を訪ねることもなければ自分の血液型を気にする事もありません。そもそも自分の血液型を知らない人も多く存在します。
そんな彼らは日本に来て「血液型は?」と日常会話において聞かれた際、驚きを隠しきれません。なぜなら血液型を聞かれるのは彼らにとって生まれて初めてのことだからです。どうして血液型を聞いてくるのだろうと彼らは不思議に思うのです。

そして次に、血液型で人類を4つのタイプに分け性格や相性を診断するのはナンセンスだと感じる外国人が多いようです。なぜ、科学的根拠がないのにもかかわらず多くの日本人が血液型占いを信じているかが彼らには不思議に映ります。血液型で性格が決まるという考え方はどうしても彼らには信じ難いのです。ちなみに、海外では血液型占いは主流ではなく、占星術の方が一般的に信じられているそうです。

まとめ

今回の記事では、血液型占いは日本外では通用しない!という事をお届けしました。留学先や国際交流の場で外国人に血液型占いや血液型基準で相性の話をしようとしても通用しないという事を覚えておくと役に立つでしょう。また日本に興味のある外国人には、是非日本では血液型で性格や相性を占う風習がある事を教えてあげてみるのも楽しいかもしれません。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中