【海外の反応 】謝りすぎな日本人。

日本人の私たちは、自分たちが悪くないときでもつい「ごめんなさい」や「すみません」と誤ってしまう事が多いと感じます。良く言えば、自分の間違いや失敗を認めすぐに謝ることが出来ます。そして悪く言えば、日本人は自分が悪くないと思っていたとしても、謝罪の言葉を口にする事が出来ます

私自身も、店員さんと話す際につい「ありがとうございます」と言う代わりに、「すみません」と言ってしまう事があります。ヨーロッパ出身である彼が隣にいた時には、「どうして今何も悪いことをしてないのに謝ったの?」と聞かれました。彼のその発言により、自分が悪いことをしていないのにも関わらず、無意識のうちに誤っているという事に気が付きました。

そして、この事をきっかけに、何故日本人はすぐに謝るのかと疑問に思うようになり、この記事を書くことに決めました。

海外では日本ほど頻繁に謝罪の言葉を聞くことはありません。例外の文化も、もちろんありますが、一般的に海外では、自分が本当に悪い事をしたと思った時に初めて謝ります。つまり、自分が悪くないと信じている場合、彼らは決して謝らないでしょう。

これは何故かと言うと、謝る= 自分が悪いと認める】 と言う認識が強いからです。その場を逃れたいがために謝ると、逆に自分の立ち位置が悪くなってしまうのです。つまり、理由もなく謝ることは、自分が実際にやっていない罪を認めると同じことなのです。

まとめ

日本では、とりあえず謝る、謝っておけば大丈夫だろうというスタンスで場を逃れる事ができますが、海外では通用しません。

私の彼が、サラリーマンが電話で話しているのを耳にした時にこんな事を言っていました。「あの人は、はいすみませんしか言っていない。電話越しなのにペコペコとお辞儀をしている。」この発言は、まさにこの記事で私が言いたいことを的確に押さえていると感じました。

自分が悪いと思っていなくても、とりあえず謝って場を過ごそうとする精神は私たち日本人にはびこっているのかもしれません。そしてそれは日本人特有のものといっても過言ではなさそうです。謝罪の言葉よりも感謝の言葉をもっと大切にしていきたいと思います。

コメントを残す