日本には無い!初めての「I love you」の重さとは。

日本と海外の恋人を比べた際、よくあげられる違いがいかに頻繁に愛を表現するかだと思います。

日本人はなぜ付き合っているパートナーに「愛している」と伝えないのか、海外の人は不思議・疑問に思っています。何故なら、海外で恋人達は日常的に「I love you」と伝え合っているからです。

海外の人は気軽に愛を表現するのなら、その意味も軽いのではないか?と疑問に思うかもしれませんが、決して軽い気持ちで伝える愛情表現ではありません。日本語の愛情表現には例をみない意味と重大さが含まれています。

それを、顕著に表しているのが初めて言う「I love you」だと私は考えます。この記事ではこれにフォーカスします。※愛情表現の頻度の違いについては、また別記事で書く予定です。

海外ドラマや映画で、付き合い始めた恋人達が初めて愛を伝えるまでの過程を描いた様子などを観た事がある方は多いと思います。

恋人に初めて伝えるこの愛情表現は、友達や家族に伝えるものとは全く別物で特別なものです。

「I love you」と恋人に初めて伝えるのが早すぎる場合、破局に繋がる事もあるのです。これは言われた側が、重すぎると感じてしまうからです。ですが逆に遅すぎても、この恋は本気でないのではないかと思わせてしまいます。

このタイミングの難しさと、破局にも繋がり得る重大さが、初めての愛情表現の大切さを物語っていますね。

日本では逆に、告白から付き合いが始まるので、この初めての難しさはなんとも実感しにくいと思います。むしろ、付き合い始めは愛情表現が豊富だったけど時間が経つと無くなってしまった…と言うのはよく聞く話です。

まとめ

日本には存在しない「I love you」と言う表現には、見事に文化の違いを表していると実感させられます。

私は、この表現を「愛してる」と訳すのが好きではありません。その表現が意味することは全く違うと思うからです。事の重大さが全く異なります。

国際恋愛について沢山の記事、様々アップしております。是非チェックしてみてください。

1 Comment »

コメントを残す