【海外の反応】日本人は毎日お風呂に入る~日本と海外の3つの違い~

独自の温泉文化が存在する日本において、お風呂が大好きだという人は多いです。

「あなたは毎日お風呂に入りますか。」というアンケートを取ったならば、間違いなく大多数の人が「はい」と答えるでしょう。

帰宅して夕食をとった後、湯船に浸かってリラックス、そして体を綺麗にしてから就寝するという生活ルーティーンを送っている人が多いのではないでしょうか。

湯船につかるのが面倒な時でも、シャワーをかかさず浴び、一日の終わりにお風呂に入らない・シャワーを浴びないという選択肢は多くの日本人にとって存在しないと言っても過言では無いでしょう。

お風呂/シャワーの習慣において日本と海外では大きく分けて3つの違いが存在すると私なりに考えました。その3つの違いを詳しく紹介していきます。

people-2576776_1920

① お風呂 VS シャワー

日本では、ほぼ毎日湯船に浸かる人が多いと思います。お風呂に入るという言い方が主流であるという面からも分かるように、シャワーだけでささっと済ませるというよりも、お風呂にお湯を汲んで浸かる方法がスタンダードです。

しかし、海外で日常的に湯船に浸かるという人は日本と比べて圧倒的に少ないです。「湯船にお湯を組んで浸かる」という発想そのものがない人も多くいます。もしくは、特別リラックスしたい時にお風呂に浸かるといったケースもあるでしょう。

そんな湯船にてお湯に浸かるという習慣の無いヨーロッパ出身の彼の衝撃的な発言がこちら。。。

Untitled_Fotor
日本に来て実際に湯船に浸かっている(私の)姿を目撃するまで、湯船は単にシャワーを浴びる時の為の足場だとしか思っていなかったよ。

日本のように湯船に浸かる習慣の無い国出身の人は湯船の役割すら把握していない可能性もあるくらいです。

② 夜 VS 朝

ほとんどの日本人は、夜寝る前にお風呂に入ると思います。私の場合、夜にお風呂へ入り体を綺麗にしないととベッドに入って眠ることができません。一日中外にいて汚れた状態で自分のベッドに入るのに抵抗があります。

それが海外では、日本と真逆で朝にシャワーを浴びる人が驚くほど多いです。

もちろん個人差はありますが、海外出身の人と話をするとほとんどの人が朝にシャワーを浴びていると言います。「なぜ朝にシャワーを浴びるの?」と聞くと彼らはこう答えます。

icon2

寝ている間にたくさん汗をかくから、起きてからシャワーを浴びて綺麗でフレッシュな状態で一日をスタートしたいんだ!

綺麗でフレッシュな状態で就寝したいと思う私にとって、この意見には本当に驚きました。

③ 毎日 VS 毎日でなくてもOK

bath-2576683_1920

上でも述べたように、日本では毎日お風呂に入る人が大多数だと思います。

しかし、海外では驚くことにそうとも限りません。日本人の私たちからすると信じ難いですが、海外では毎日シャワーを浴びない・浴びなくても大丈夫な人がとても多いです。

毎日で無くて大丈夫と考えているどころか、毎日シャワーを浴びることは肌と髪に良くないと考えている人すらいます。(これに関しては、海外では硬水のところが多いからというのも理由の一つだと考えられます。)

日本人は毎日お風呂に入るからか、日本人はキツイ体臭がないと言われています。

海外ではお風呂に毎日入らずに体臭が気になったとしても、香水の良い香り本人の体臭を隠してしまいがちです。そんな事もあってか、海外では毎日お風呂に入らない人が多いのです。

まとめ

お風呂・シャワーの習慣に関する日本と海外の3つの違い、いかがだったでしょうか。これらは、私の体験を基にした個人の意見に過ぎませんが、面白い文化の違いだと思います。

海外留学や国際交流で、海外出身の人と話す機会のある方は、このような些細な文化の違いについて尋ねてみるのも面白いのではないでしょうか。

関連記事>>ヨーロッパ出身の彼の日本に来て変わった習慣5つ。

コメントを残す