日本と海外の電車の違いは、時間の正確さだけではない。

日本の公共交通機関として第一に上がるのが電車ではないでしょうか。日本の電車の優れている点としてよく挙げられるのが、

  • 時間にとても正確
  • 電車を使ってどこへでも行くことが出来る

という二つだと思います。

確かに日本で電車に乗っていると、1分遅れただけで車内アナウンスで謝罪をしていたりしますよね。その光景は海外から見るとすごい光景に移るそうです。海外では電車を始めた交通機関はむしろ、遅れて当たり前くらいの心意気です。

電車を使えばどこへでも行けるというのは、私たち日本人からすると当たり前に思うかもしれませんが、海外の観点からすると驚きのようです。車社会の国も多く、公共交通機関はほんの少数の人しか使用しないといった国も存在します。

特に東京に張り巡らされた路線図を見ると、海外からの旅行者は驚きを隠せません。駅の感覚も狭く、行きたい場所にピンポイントで電車が連れて行ってくれます。

以上2つは、よく日本と海外諸国の電車の違いとしてメディア等で挙げられるものではないでしょうか。

berlin-630640_1920

私がプラスアルファで紹介したいのは、日本の電車内の「広告の多さ」です。

日本で、電車の車内を見渡すとどこも公告に満ち溢れていると感じた経験はありませんか。紙の広告から、CMが流れるモニター等様々存在します。

海外旅行の際、電車に乗る機会がありました。その時、車内はとても広々・すっきりとしていました。はじめは何故、日本の電車と比べて車内がすっきりと感じられるのかすら気がつきませんでした。しかし後々、海外の車両には広告が特に設置されていない事に気がついたのです。

まとめ

電車内の広告…といった些細で普段は気にかけないことが日常生活の中で多々存在します。些細な事でも日本と海外の違いを見つける事が可能です。それを気づかせてくれるのは、海外旅行の魅力の一つではないかと思います。

コメントを残す