日本とは異なる海外の「唇の大きさ」へのこだわり。

過去にも「国が異なれば美人の基準が異なる」といったテーマで様々なトピックに渡り、海外と日本の美意識の違いについて述べてきました。※記事下に出てくる関連コーナーからご覧いただけます。

そして今回は、「唇の大きさ」についてになります。

日本では美人の基準として、唇の大きさを上げる人はほぼいないのではないでしょうか。唇の大きさに普段からそれほど気にしないですよね。

むしろ大きい唇はたらこ唇と連想されたり、あまり良い印象を持たれない事もあります。ですので、唇を細く見せる為にラインをコンシーラーでぼかすといったメイクも存在します。あまり、唇を大きく目立たせるメイクは主流ではありません。

アメリカ・ヨーロッパをはじめとした欧米諸国ではどうなのでしょうか?

しかし、国・文化が異なるとこの美意識はガラリと異なり、海外では美人の基準としてぼてっとした大きな唇があげられる事が多いです。

唇の大きさにこだわる事が多く、大きくてセクシーな唇はとても魅力的に移ります。例えば、アンジェリーナ・ジョリーさんはぷっくり大きな魅力的な唇をしています。

ですので、唇のラインをオーバー気味にくっきりラインで書き唇をぷっくり大きく見せるメイクが人気です。

まとめ

日本では、顔の大きさや目の大きさを美人の条件として挙げる人が多いですが、海外では異なり、唇の大きさが美人の条件の1つとなされています。

コメントを残す