国際恋愛において「言わなくても分かるだろう」は通用しない。

日本は、high context culture と言われております。

つまり、言葉で直接的に伝えなくても、表情・状況・一般常識でお互いを理解する事が可能という事です。日本は単一文化という事もあり、似通った考え方をしている人が多いのでお互いを理解し易いのです。

「日本」と言う文化圏出身の人との日常において、全てを説明せずとも自分の意思を理解してもらえたり、話が通じたりする場合が多いと感じるのではないでしょうか。

しかし、違う国・文化出身の人とのコミュニケーションとなるとそう簡単には行きません。

国・文化毎に一般常識・仕草をはじめ全て異なる為、はっきりと何を伝えたいのかを相手に伝えたい限り、わかってもらえません。

 

私は国際恋愛において、日本人同士の会話と外国人との会話の違いを顕著に感じました。

「全てを口に出さずとも、分かるだろう」は通用しないのです。全てをはっきりと言葉にして伝える事が大切です。

アメリカ人と日本人の国際カップルの面白い例がこちら。

彼女は彼に、「寒いね」と伝えました。彼は「うん、寒いね」と言いました。

でも彼女は、「寒いね。(あなたが着ている私のコートを貸して欲しい)」と言う意味で言ったそうで、気づかなかった彼に対して機嫌を損ねてしまったそうです。

この件は単なる例に過ぎないのですが、言いたい事をこのように暗示するだけでは分かってもらえません。

日本では、物事をはっきりと言わずに分かってもらいたいというのが通じるかもしれませんが、海外の人との対話においてそれは不可能に近いでしょう。

文化・国が違う人とのコミュニケーションにおいて、混乱を避ける為にもきちんと自分の意思を伝える事が大切です。

黙っていても相手に理解してもらえるだろうと思う心構えは控えた方が良いでしょう。

2 Comments »

コメントを残す