「色白=美しい」という概念について考える。

肌が白いことを美白と呼びます。また、沢山のスキンケア・化粧品会社は、美白専用のラインを展開しており、美白効果を売りにしています。

つまり、「色白肌=美しい」という概念が日本では定着しているのです。

生まれつき肌が白い人は、一度は「色白で羨ましい~」など言われたことがあるのではないでしょうか?

私は、生まれつき健康的な小麦色の肌です。コスメカウンターに行くとよく「健康的な肌の色なのでこちらの商品が…」とよく言われます。笑

日本では、肌を白く見せたいと思ったり日焼けは絶対にしたくないと思ったりする人が多いと思います。しかし、その概念は国によって異なります。

 

白人は決して肌が白いことを美しさと結びつけません。むしろ彼らは夏になればビーチに行き肌を焼き健康的な小麦色に仕上げます。健康的に日焼けした肌のことを「テラコッタ肌」と呼び、多くの人がそれを好みます。

海外の化粧品には、テラコッタ肌を作りだす製品の方が肌を白く見せるものよりも人気があります。

cosmetics-1063134_1920

実際にヨーロッパ出身の彼が日本人の女の子のメイクを見てこんな事を言っていたのを覚えています。「どうして、日本の女の子の顔は驚くほど白くて明らかに体の色と違うの?肌を白く見せる事が流行っているの?」

彼には、肌を本来の色よりも白く見せるメイクに納得がいかなかったようです。明らかにメイクで作り上げられた白い肌は魅力的に映りません。なぜなら、「肌が白い=美しい」という概念がそもそも存在しないからです。

 

人それぞれ皆、肌の色は違います。「色白=美しい」という概念に捉われすぎないでください。皆、生まれ持った肌の色が美しいのです。美しさに肌の色は関係ありません。それぞれの個性を活かし、魅力的な女性になれるように努力していきましょう。

 

日本と海外の美容概念を比べた前回の記事も是非チェックしてみて下さい。

「小顔=美人」という概念は海外にはない。

一重はコンプレックスではない

 

コメントを残す